見出し画像

将来の幸せのために、子どもに教えるのではなく、今ここからの自由のために。

今朝のしつけ?風景。

子どもの服を、洗濯後にたたみ、片づける、ということを我が家ではやめました。

「ネットできれいな服のたたみ方を検索して、あそこにある服をすべてたたんで片付けなさい」

と息子に言う夫。

息子は夢中になっているゲームから目を離さず「んー」と上の空のような返事。

「ねえ、パパの言ったこと、聞こえてた?」

「んー」

「人の顔をちゃんと見て話をしてね?」


その後、息子は夫に言われたように検索し、たたみ始めました。
娘はお兄ちゃんのたたみ方が気になる様子。(彼女は家事全般がとても好きで、教えていないのに見て覚えて自分でやるようになりました)

「私がやってあげる!」

「だめ。お兄ちゃんが自分でできるようにならないといけないから」

「えー、一枚だけーー」

「一枚だけね」

という会話の間、お兄ちゃんの作業はなんだか・・・ひどい。適当感が満載。息子は自分がやりたいこと(ゲーム)をやるために、上の空でやっているのです。

「あのね、君はネットで調べてって言ったら、検索上位にあがったやつ1本をパパッと見て、やろうとするでしょ。ネットに出てる情報は、いいものも悪いものも本当のこともそうでないことも、色々なんだよ。ぱっと見てそれでいいってしちゃいけない。
 きれいな服のたたみ方をいくつかしっかり見なさい。
そしたら、共通する部分や、こうしたらきれいにいけるんだという法則的なものが見つかる。
 情報というのは、そうやって活用するんだよ」

と夫。叱責するのではなく「どうあるべきか」だけを示す彼のやり方はとても好き。私もそうしよう。そうしたいな。できるかな。(笑)
つい感情がっ・・・。

やりたいことに気持ちを完全に囚われて、上の空でやっている息子のその様子が、私の心には、ささくれのようにひっかかるのです。


 恐怖があるなあ、と思い至りました。

「こんな状態じゃまともな大人にならない」

そう思っているのです。そして、まともな大人じゃない彼の未来の不幸が、怖いのですよね。


好きなことに没頭して
上の空で
身の回りのことが適当になり
それはダメな大人で

不幸になる。


こういう思考回路ですね。


ただ、裏を返すと彼の「上の空」は

集中力が高い

という風にも見えます。


長所をつぶさずに殺さずに
まだ「伸びていない必要な部分」を伸ばす。


夫はその後、息子と一緒に服をたたみ始めました。
どうやればいいか、動画を見ながら「コツ」「ポイント」を探しながら、それを実践して見せるのですね。

 未来にちゃんとした大人になるためではなく。

 今この瞬間からの自由度をあげるために。

 服をたためるようになるためではなく。

 情報の活用の仕方。
 世界の探求の仕方。
 世界の広げ方。

を、教えているのですよね。


私たち夫婦は「将来のために」何かを子供に教えないことにしています。
もう、未来のことは予測が難しい。
昭和の両親に、今の未来の到来は予測できなかったでしょう。
ゲームでお金が稼げる時代が来るとも思っていなかったでしょうね。

私たちは未来のために「今から備える」ことを教えようがないのです。

どう書いたらいいかしら。もちろん、未来にも役に立つのですが。

感覚としては、時間軸から外れたところにある「理想の状態」を見つけ、それを「ここ」に再現しようとしている感じでしょうか。


世のご両親が「将来のために」という苦しい縛りから自由になれるといいなぁ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんだかんだ、上手くいくもの♪
26
飯干りえ奈。脳科学ベースのライフコーチ/スピリチュアルヒーラー/チャネラー。 最速5秒でワークが完了する願いの現実化メソッド【HFエネルギーワークス】をメインに、人間の可能性のドアをあける講座とセッションを提供中。http://iiboshiriena.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。