高次意識サリハとの出会い2(スピな話)

高次意識サリハとの出会い(スピな話)のつづきです。

決めた、とはどういうことか?

このサリハと出会う夢の前に、見ていた夢があります。


 私は夢の中で「大統領」を探していました。

 が、いかんせん、広大な土地の中で探しているのです。

 お屋敷がいくつもあり、森もあり、もしかしたら町?とも思える敷地内で開催されているパーティー。
 みんなの言葉を頼りにあちこち回るも、大統領も移動している。
「さっきまではいた」の繰り返しでなかなか会えない。
 
 私は次もまた会えないだろうなと、残念な気持ちで彼を探す。
 
 それを知ったパーティーの参加者が驚く。

「え?そう思って探していたの? そりゃあ会えないよ!」

 そうだった!私の思考こそが行き先なのだった!

 なんとか調整してたどり着いたのは「大統領の息子」!

 本人じゃないんかーーーい!!

 しかし、彼が大統領の部屋へと私を導いてくれます。


 その時に引き出しに大量の手紙を見つけました。
 
 宛名はすべて私宛?!

 ん? 大統領って私?

 この世界をひっぱっていたのは私?!

 そうか、ここは私の世界だもんね。

 
 手紙を手にすると、それは招待状でした。

「ずっと招待状を送っていたのに、あなたは開けようともしなかった」

 そう言われても手紙を受け取った記憶そのもがない。

 けれど、その手紙の封を切るのは怖い。。。

 あ、私、なかったことにしてたかも。。。
 あぁ、私は、避けていたのだ。

 そんな気づきがあり、勇気を出して「招待を受ける」と決めました。


 前回の記事の最後で書いた「決めた」というのはこの部分です。


 大統領からの招待状を受け取り、招待に応じる。


 これは、

 これまでの過去をすべて捨てて新しい世界へいく

 ということです。

 それを、決めた。


 風喜が教えてくれていたことは、まだ、理解可能だった。

 でも、この先は、私が学んで来たこと、教えてもらって来たこととはまったく違う話になる。。。
 理解するもなにも、拒否したくなるような話かもしれない。

 それを受け入れると決めたのですよね。


 そこからの、命の河。


 サリハが私に最初に教えてくれたのは

 人間は空間である ということでした。

 魂の輪廻はない、と。


飯干りえ奈ドットコム
http://iiboshiriena.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしい💖
9

エッセイ りえ奈のあたまの中

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。