初めてアート作品を購入したら生活が変わった話

初めてオーダーで書いてもらい、アート作品を購入しました。
タイトルはちょっと大袈裟ですが、朝起きたら毎日アートを見ることが出来たので生活が変わったという表現にしてます^^

アートに興味ある方や、作品を購入したいと思っている方々の参考になれば幸いです。

私のバックグラウンド

・31才、二児の父
・職業ブロックチェーンエンジニア
・アートには30年間あまり興味なし
・美術館はたまに行く程度
・昨年の夏にとあるきっかけでメディアアート作品を作る

アートには今までほとんど縁がなく30年間過ごしてきました。昨年、筑波大の准教授でメディアアーティストの落合陽一さん指導してもらう機会があり、自分でメディアアート作品を作ってみました。その時の記事がこちらです。



なんでアート作品を購入しようと思ったか

自分で作品を作ってから徐々にアートに興味が出てきて、それから美術館も行くようにもなってきました。
そしてアート作品を購入しようと思ったきっかけがこちらの記事です。

この中で山本さんが下記のように述べていました。

私は、30代ぐらいの若い人にこそ、作品を購入してほしいと考えています。今の年からアートの素養を蓄えることで、20年後、30年後に日本人のアートに対する感度が高まる

作品を購入するなんて、敷居が高いし、お金持ちや、年配の方々が購入するイメージだったのですが、「30代ぐらいの若い人にこそ購入して欲しい」と知り、自分も購入していいんだ!と思い、2018年内に購入しようと決めました。


作品の探し方

購入する意思を決めても、まずどこで購入出来るか、相場はどのぐらいなのか全然分かりませんでした。

とりあえずインターネットで情報収集し、どうやら個展やギャラリーで画家さんによっては購入出来ることが判明。インターネットでも購入出来るようですが、実際に現物を見たいので個展、ギャラリーを回ることにしました。

そして自分の希望はこのような感じでした。
・自分と同世代の画家さんの作品
・原画
・リビングに飾り子供達にも馴染みやすい作品
・予算〇〇万円以内

既に有名な絵や画家さんより、同世代の画家さん、今原画が購入出来し、応援も出来るので、そのような画家さんを探すことにしました。

購入すると意気込んでから、約2ヶ月間個展やギャラリーに足を運びつつ、アートのイベントにも参加したり、絵を探して行きました。


好きな画家さんに出会う

そんな中、10月に行われたDESIGNARTというイベントがありました。
東京の街が美術館になる10日間でデザイナートな街歩きが出来るイベントです。100を超える作品やクリエイターが国内外から集結します。

このイベントである絵に出会いました。
ハミガキのNONIOが企画しているイベントでパッケージがアート作品になっており、絵も飾ってありました。

この中で一番左の絵の鮮やかな色使いと線にとても惹かれました。


そして看板もその方の絵になっており、ビビっと感じ、この方の絵が購入したい!と思いました。
ただパッケージやこんな大きな看板に採用される方なので、購入は難しいだろうなと思っていました。とにかくその画家さんについて色々調べてみました。


画家さんと連絡を取る

その画家さんのことを調べてみると、画家さんは田中紗樹さんという方で、ちょうど同世代、そしてこのイベントの前にも絵をノートにして販売しているイベントをやっていたりしていました。購入出来るか分かりませんでしたが、ダメ元で直接連絡してみました。


すると返信が来て、一部作品をレンタル、販売されており作品写真を見せて頂けました。そして希望のサイズや素材のものがない場合はオーダー制作も行なっているとのことでした。
サイズや素材、価格について色々相談させてもらい(親身に快く相談に乗ってもらいました)、予算は正直大幅オーバーでしたが、折角の機会なので妻と相談し最終的にオーダーで作品を作ってもらうことにしました。

絵が届く

そして2018年の年末に待ちに待った絵が届きました。
その絵がこちらです。

サイズ70×70cmのパネル作品です。素材は雲肌麻紙(和紙)に木版、コラージュです。
今回「家族の人生が色とりどりで色鮮やかなものになってほしい」という想いを伝えていました。

田中さんから絵と一緒に手紙も添えられており、その中でこのように書かれており感動しました。

カラフルな個々の人生がかたまりとなり、全体で見るとひとつの大輪の花のような...充実した家族のあり方をイメージしました。どの色が欠けても成立しない絵です。

ちなみに絵の裏側には名前とサインを書いて頂き、特別感がありました。


感想

リビングに飾って見るとこのような感じです。
子供達も興味津々で見ていました。

今回購入して良かったことです。
・毎日アートに触れることが出来る
・絵の匂いを嗅ぐことが出来る
・絵の細部までじっくり見ることが出来る
・家族とアートについて話すきっかけが出来る
・子供の幼少期からアートに触れる機会を作ることが出来る
・私自身も30代からアートに触れるきっかけが出来る
・画家さんと繋がりが出来る
・日々の違いを絵と共に眺めることが出来る
・家宝が増えた

個人的に絵の匂い(絵の具となんとも言えない香り)を嗅ぐ事が出来たのが嬉しかったです。本当に顔を近づけないと匂いは分からないので、五感を使って絵を感じれるのがとても良いです。購入しないとなかなか出来ない体験です。そして子供達とどの色が誰かなとか、どの色が好きかなど話しながら楽しんでいます。
好きな画家さんと素敵な作品に出会えてとても良かったです。


最後に、今回快く依頼を受けてくださった田中紗樹さん、この場を借りて改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

田中紗樹さんの紹介
HP : http://www.sakitanaka.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/sakitanaka0119/



最後まで読んで頂きありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂いてありがとうございます。 良いと思って頂けたらスキと感想をSNSに投稿して頂けると喜びます。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願い出来れば嬉しいです😊
306

田中 康平

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
5つのマガジンに含まれています

コメント4件

いいですね、いいですね。僕も最近絵を買ったりします。
ありがとうございます。絵買うと世界がちょっと広がる感じがします。
家族の皆さんへの素晴らしいプレゼントですね。
特に、仰っているように、家族内でアートについて話すきっかけ、お子さんが幼少期からアートに触れる機会が自宅にある、30代からアートに触れるきっかけという点にすごく納得です。
拝見した作品とは全く異なるものですが、現在展示中の、渋谷区松濤美術館の「終わりの向こうへ 廃墟の美術史」を見てきて、僕はすごく良かったです。
元田久治さんの作品集を、別途、買うことにしました。
ありがとうございます。良いですね〜!素敵な作品に出会うと嬉しいですよね😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。