インフルエンサーにとって最も大切で難しいことについて。

今、アダーエラーという韓国で最先端かつ人気のショップで買ったノートに『インフルエンサーの教科書』なる有料NOTEを始めて作ってみようと思って、目次を書き出してました。

ちなみにノートはこんな感じ。開けるとこんな感じ。

オシャレすぎる。アダーエラーは店内も衝撃的に斬新なので、韓国行く人はオススメのショップです。ホンデというエリアにあります。

さて、『インフルエンサーの教科書』の目次を書き出していたときに気づいたのが、自分の今までのNOTE記事を調べてもインフルエンサーの基本というか、もっとも大切なことが書かれてなかったこと。

このことを守れずに、絶対にインフルエンサーとしてやっていけません。それは。。。

ずばり“マメに続けること”です。

なぁんだ、そんなことか、と思う人多いと思うんですけど、じつはこれが一番大切で一番難しいことでもあります。

今はSNSもたくさんのプラットフォームがあります。頭のよいインフルエンサーはひとつのプラットフォームに依存するリスクをわかっているので、複数のプラットフォームで更新し続けています。もっと頭のよいインフルエンサーは複数のプラットフォーム別に違う面を演出し続けて、プラットフォームごとに違う魅力にひかれるファンをつけています。

毎日更新する。昔だとたった1時間もかからないでできたことが、今はYouTuberなんか特に1日近く時間をつかわなければいけないときもあります。

だからこそ、マメに更新する、ということは今のインフルエンサーにとって一番大切&一番難しい行為なんです。

更新頻度が減ると、その分フォロワーの人達が自分のことを考えてくれる時間が減る。そしてその時間はまた別のインフルエンサーのことを考える時間になっていき、やがて忘れ去られます。

そんな厳しく、流れの早い現代にマメ更新をするためには、一日の中でSNSのために使う時間をちゃんと組み込んでなければいけない。隙間時間で更新していれば済んでいた時代は過ぎ去り、本当にインフルエンサーとして食べていくには、1日の中でSNSのために使う時間を確保するくらい、意識的に生活していかないといけない時代になってきた。

どんな仕事でもマメに努力できる人が勝つのだとは思うのだけど、インフルエンサー達にとってもそんな時代がやってきて、PR投稿をするだけで何十万と稼げる裏で目に見えない努力をし続けなければいけない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ハート!やった!うれし!ありがとございます!
12

丸本貴司

インフルエンサー・タレントが生き残るための考察

SNSから次々とコミュニケーションアプリを変え、生まれてくるインフルエンサー・タレント。彼ら彼女らが生き残っていくために、マネージメントとして何をすべきかを考えるマガジン。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。