アプリUI研究#012「Hopper」

Hopperは航空券価格予想アプリ。(日本語未対応)

旅行先のホテル価格もチェックできるようになっていました。

App Storeの旅行カテゴリで上位だったのと、数年前に航空券を購入する際参考にしたアプリだったので改めて考察してみました。

注目した点

・お目当ての航空券の価格通知を受け取るまで、わずか3ステップ

月ごとの価格変動を色別で表示してくれる

プッシュ通知

イラスト(うさぎ)によるブランディング

目的地入力から通知を受け取るまで3ステップ

1.まずは出発地と目的地を入力。

2.出発日と到着日を選択 月ごとの価格変動を色別で表示

上記のように出発地と目的地を入力したあとは、12ヶ月分の価格帯を表示してくれる。旅行予定日まで時間的余裕のある人にとっては嬉しい機能。

そして出発日と到着日を選択。


3.プッシュ通知設定or購入へ

ここでWatch This Tripを選択すると通知許可できる。通知を許可すると、狙っている航空券が値下がりして買い時になった時に教えてくれる

KAYAKやExpediaなどの大手航空券予約アプリは、最初の入力画面で多くの情報を入力しなければならないが、Hopperは出発地と目的地の2つだけ。

ちなみにスクリーンショットを撮ると、シェアできるようこのような画面を出してくれる。

プッシュ通知

航空券の価格が変動するとプッシュ通知で教えてくれる。

航空券は安い買い物ではないので、買うか否か慎重に決定するはず。でもプッシュ通知を許可している時点で、すでに1つの壁を壊している状況。

「$450まで下がった」「もう下がらないから今購入するのがベストだよ」などとアドバイスしてくれるのも嬉しい。

うさぎが至る所に...!

メインキャラのうさぎがカヌーに乗っていたり、バカンスしていたりする。

チュートリアル部分にキャラを使うだけでなく、アプリ内の色々なところで使われているので記憶に残りやすいし、サービスに愛着が湧く


以上です。

デザイナー、エンジニアの方お友達になりたいです!

twitterはこちら  @nakano__design



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい!🤗
21

Hiroko

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。