全夏

例えば、幽霊が出ると噂のビーチがあるとする。
泳いでいると海中に潜む何者かに足を引っ張られる……そんな不穏な噂のあるビーチだ。

そこで泳ぐということは、それだけで「海水浴」と「肝試し」の2つの意味を持つのではないだろうか。
やったぜ。一粒で二度おいしいとはまさにこのこと。わずか一動作で、二種類の"夏"を楽しめるのだ。

じゃあ次。
花火をしていたら光に反応したカブトムシが寄ってきたとしよう。
これはもう掛け値なしに最高である。「花火」の一動作で、「昆虫採集」まで楽しめてしまったのだから言うことがない。

野外フェスでラジオ体操。
バーベキュー味のかき氷。
夏祭り会場でスイカ割り。

夏っぽいものを合成すれば、一動作で二種類の"夏"が楽しめる。
時間に追われる現代の大人にとって、これほど効率的なことはない。

なにせ大人は忙しい。
「今年は一個ぐらい夏っぽいことがしたいなぁ」と思っているうちに、
「今年も夏っぽいことができずに終わったなぁ」と思う時期が訪れる。

だから一個ぐらいなんて言わず、欲張ってしまえばいい。
一個分の時間しか取れないなら、一個分の時間で全ての夏を体感すればいい。

すなわち、

幽霊が出ると噂のビーチで、虫取り網片手に花火をしながら、バーベキュー味のかき氷を食べたりスイカを割ったりする夏フェス。

いっそ、自らそういうイベントを催せばいい。
そうすれば、たった一晩で全ての夏が体感できる。
全ての夏。すなわち全夏(ぜんなつ)である。やったぜ。

きっとその夜は、例年の夏より少しだけ楽しいに違いない。
飛びぬけてアホなことをすると、人は楽しくなってくるものだから。

だけどきっと、そこまでしても小学生の頃に体験した、あの夏の楽しさに勝つことはできないのだろう。
飛びぬけてアホだった、小学生の頃の夏にはきっと。



やっべ、シンプルに悲しいだけの結論に達しちゃった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

昆布山葵

世界でも有数のヌンチャク使いです。僕くらいのレベルになるとヌンチャク無しでも生きていくことができます。

コスミックキノコ

思いついたことを何でもかんでも書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。