Take Me Out to The... 第34週

 これならあまり無理がない。なにより、紳士的でカッコいい。早速実行に移すべく、透は女神の近くへと移動した。

「あっ、青山君」

 透に気付いた女神が話しかけてきた。

「こちらへどうぞ」

「あっ、どうも」

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートなどいただけると非常に喜びます。

ありがとうございます。非常に喜んでおります。
2

Sheep Magazine

一日一文まとめ

ほぼ毎日一文ずつ更新される小説『一日一文』がまとめて読めるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。