宇宙キャプテンハップルと金色の花嫁

 街の大通りに銃声が響き、致死量のショックビームが標的を捉える。

「ポーン1がやられた!」

「うろたえるな、ポーン2!」

追っ手の通信を傍受しながら、ラグナ・ゴールドシュミットは射撃を行った銃をホルスターにしまった。

「まったく、しつこい人たちね!」

 ラグナはホバークラフトのスロットルをさらに上げた。その努力を嘲うかのように、前方に大きな河川が出現する。

「両端から挟み撃ちだ!」

「了解!」

 追っ手の2機のホバークラフトが速度を上げ、一気に距離を詰めてきた。ラグナはそれをミラー越しに確認すると、ハンドルから片手を離し、スロットル下のターボスイッチに触れた。凄まじい爆発音と共にエンジンが火を吹き、上空へと機体が飛び上がる。

「「オイオイ!!」」

 追っ手達が驚きに目を見開く中、ラグナは優雅に川を飛び越え、対岸に達した。そして優雅にターンを決めると、ヘルメットから金色の髪を躍らせ、満足気に呟く。

「呆気なかったわね」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートなどいただけると非常に喜びます。

ありがとうございます。非常に喜んでおります。
2

Sheep Magazine

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。