プロダクトマネージャー・カンファレンスで印象に残ったワード集

#pmconfjp に1日目後半と2日目終日参加させていただいた。

カンファレンスがどういう雰囲気か、各セッションがどういう内容であったかは他の紹介記事が良くまとめてくれているので、このnoteでは各セッションにて、じんむの印象に残ったワードをタイムテーブル順に並べさせていただく。なお、スライドが公開されている発表に絞る。(資料準備中のものについては随時追加予定)

気になるワードがあれば、是非スライドや紹介記事を覗いて欲しい。

事業ドメインを絞り込むことで磨かれるプロダクトマネジメント

ピクシブ株式会社執行役員 pixiv運営本部長・新技術プロジェクトプロデューサー清水 智雄

・事業ドメインを絞って短期間で複数プロダクトのリリースを実現
・プロダクトをつくるとは、未来にあって当たり前のものをつくること、穴を埋めること
・ドメインのプロフェッショナルになることが重要、だが、ドメインを絞り込むことと視野を狭めることは違う。時代の流れや周辺のドメインで何が起きているかをチェックしながら埋めるべき穴を探る


愛されるプロダクトマネージャーのプロダクトマネジメント〜愛されるためにまずは成果を残す〜

株式会社ZOZOテクノロジーズ 代表取締役CINO 金山 裕樹

・PMを採用する、活躍するまでが採用
・PMの仕事は成果でしか見えないため、トップ-PM間で3ヶ月以内に達成する成果を明確にし、トップがその成果にコミットして達成を社内に広くアナウンスする → 花を持たせて信頼を得る 


LINE開発の舞台裏とプロダクトマネージャー

LINE株式会社 LINE企画1室 副室長 入江 和孝

・目に見える数値の変化だけではなく文化の違いや変化を理解し続ける
・チーム内の議論が絶え間ない時、全てを満足する仕様はないことを共通認識とした上で、 理由に立ち返る & どう使って欲しいかを突き詰める
・新機能をユニークなキャンペーンで盛り上げる


リクルートの横断組織で考えるプロダクトマネジメント

株式会社リクルートコミュニケーションズ ICTソリューション局 アドバンスドプロダクト開発部 部長 宮里 裕樹
株式会社リクルートコミュニケーションズICTソリューション局 戦略企画グループ マネジャー/シニアプロデューサー/シニアプロダクトオーナー 金田 將吾

・意思決定のポイントは、自分とエンジニアがワクワクするか、儲かるか、我々がやる意義があるか
・プロダクトマネージャーが活躍するための組織を作るために、「ビジネスプロデュース」「プロダクトマネジメント」「ITディレクション」「プロダクトリード」の4つの役割を設け、チーム体制を構築
・未知のものに好奇心を持ち、手を上げて多く打席に立つ環境を整備


顧客、会社、チームをHappyにするプロダクトマネジメント ~観点・プロセス・レバレッジ~

楽天株式会社 顧客戦略統括部 Vice Senior Manage 山下 徹朗

・プロダクトの失敗例は、「ムリゲー」「自己満」「誰トク」
・何のため、誰のためにプロダクトを生み出し、成長させるのか
・全てのプロジェクトに、「ビジネス」「UX」「マーケティング」の担当を付け、常に問いに答える体制を整備
・会社が持つ強みを最大限活用する


北米・アジア・欧州のプロダクトマネジメントの事例とスマートニュースの実践

スマートニュース株式会社プロダクトマネージャー 宮田 善孝

・社内の自主渡船制度を活用して、海外の講義やカンファレンスに参加
・北米はロジカルシンキングとPMが同等、アジアはPM VS シニアリーダー、欧米はAlignment(目標) x Autonomy(自律)
・どの媒体社から、どんなコンテンツを提供していただき、どうやってユーザに届けるべきか
・「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」というミッションに基づいたAlignmentを設定した結果、対面ミーティングは週に1回だけ


中国のプロダクトマネジメントのリアル

Baidu, Inc.Product Manager 陈兆伟 (Chen Zhaowei)

・アメリカではなんでもできる優秀な人材一人がPM、中国では分野に特化した複数人がPM
・アメリカでは新しい技術のイノベーションを重視、中国ではビジネスに置いてのイノベーションを重視
・中国ではPM成長ロードマップがP3、P4、P5…と明確にひかれている


Anycaにおけるプロダクトマネジメント

株式会社ディー・エヌ・エーオートモーティブ事業本部 Anyca事業責任者
馬場 光

・プロダクトマネージャーに求められる姿勢と責任
・リリースしてえ約2年後、ユーザーさんの声、メンバーの意見、実データを元に改めてプロダクトの価値を明確化
・プルリクにWhat Why Howを書く

[ワークショップ]日本のプロダクトマネージャーは今何をすべきか

愛されるプロダクトを創るべき3つの理由は何か
1. ビジネスモデル上の要請
2. ソーシャルメディアの普及
3. ?

3つめは自分で考えて近くの人に伝え参加者に共有するワークショップ形式だった。自分がなぜプロダクトを作りたいか、他の人が何を考えてプロダクトを作っているか、ふんわりと可視化できたように感じた。

プロダクトマネージャーはどうあるべきか、何をすべきか、知見がたっぷり詰まったカンファレンスでした。
運営の方々、発表者の方々、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わあい!
6

じんむ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。