見出し画像

前代未聞、バーチャルアイドルグループが実写ダンスレッスン風景を公開。舞台で輝くために努力する姿にファンが感動!

スクウェア・エニックスがプロデュースするバーチャルアイドルグループ「GEMS COMPANY」通称ジェムカンが、驚きの実写ダンスレッスン風景を公開しました。ジェムカンは以前にも、フル3Dモデルでのダンスレッスン動画を公開したことがあります。

余談ですが、全然踊れてないけどすごく頑張ってるのが伝わってくるこの動画で、筆者は一発でひなちゃん推しになりました。動画を観てみんなもひなかぞくになろう!

アイドルが努力している姿というのは、熱心なファンにとって何よりも心を打つもの。しかし、普段の練習風景とはいえ動画として表に出すにはスタッフの動画制作のための作業が必要で、そうひんぱんにファンが目にすることができるものではありません。バーチャルアイドルであればなおさら、まだまださっと撮って出しができるような気軽なものにはなっていないでしょう(いちいち4K画質で出してくるジェムカン運営がこだわりすぎという側面もあるかもしれないけど)。

そんななか、驚きの実写映像としてレッスン動画が公開されましたので、本記事ではその内容を紹介したいと思います。動画が公開されたのは、わちゃわちゃアイドルバラエティと銘打ち、月に1回ニコニコ生放送で放送している冠番組「じぇむかんTV#7」内のいちコーナー。都内某スタジオで行われているジェムカンメンバーのダンスレッスン風景。

映像はこのように、足元だけを映したものになっていますが、聞こえてくる声は間違いなくメンバーのもの。さすがに全身というわけにはいかないのはその通りですが、足だけでもかなりチャレンジングな試みと言えるのではないでしょうか。

VTuberの勃興以降、様々なキャラクターが生まれ、TV番組などで実在の人間と絡むことも増えましたが、その際の折り合いの付け方はまだまだ手探り状態だと言えるでしょう。モニターを通してバーチャル世界と交信しているという体で行くのか、「モニター?何ですか?ここに実際にいますけど?」という体で行くのか、まだまだ我々リアル世界の住人からバーチャルキャラクターに対する時のアプローチ方法は定まっていません。

そのほか、「じぇむかんTV#7」では料理コーナーでも、実写で手が画面に映るなど、リアルとバーチャルの境目を崩すような演出が見受けられました。これらが意図的なものなのかどうかは、今後の活動を見ながら改めて論じてみたいと思います。

動画の中では、ジェムカンの楽曲全ての振り付けを手がけるコレオグラファー、Yumiko先生の足とダンス指導の声も入っています。和気あいあいとした雰囲気ながら、熱の入った指導は、ダンスで音楽を表現する、動きだけで楽曲が「見える」ことを求めるハイレベルなもの。ダンス経験者もいるジェムカンメンバーにも、さらなる高みを目指した指導を行なっているよう。

レッスン動画の後には、Yumiko先生へのインタビューが放送されました。このインタビューがまたエモエモで、ファンは涙なしには見られない内容だったので、長文の引用をお許しいただきたい。

質問「普段はどんな風にレッスンをしているのか?

GEMS COMPANY の彼女たちをどういう風に育てていったらいいのかっていうゴールの描き方が、どのアイドルグループとかタレントの子でも最終的に演じるっていうと変なんですけど、自分のパーソナリティをひとつのキャラクターとして確立していくっていう作業をするために稽古していくんですけど、そういう風なゴールだけでなくて、声優さんになりたいとかシンガーになりたいとかっていうもう1個遠くにある夢のための、そこにたどり着くための訓練っていう考え方を元にした、レッスンの方法って言ったらいいんですかね。

自分の個性をキャラクターに昇華させるというのは、非常に難しい作業だと思います。誰しも自分の個性とはなんなのか、悩まずに生きてこれた人などいないでしょう。それでも、ジェムカンメンバーがこのようにきちんとした方針に基づいて指導してもらえているのは、実に幸運な存在だと言えるのではないでしょうか。

また、ジェムカンメンバーはアイドルとして、ちゃんと夢を追ってるんだなということが改めて確認でき、ファンとしてグッときました!普段は芸人だとか厄介オタクだとかメンバーを茶化しているのも、ちゃんと夢を追っていて、自分たちはそれを応援してるという自負があるからこそ。このインタビューで、これからもジェムカンを応援するぞと、ひそかに決意を新たにしたファンも多いことでしょう。

質問「GEMS COMPANY に今後必要なモノとは?」

大事にしていただける存在にならないといけないなって思うんですよ。誰かの思考を回すためのエネルギーになることによって、その方の人生と結びつくんだと思うんです、何かしら。それがたぶん、組み糸じゃないですけど、組んでいくことによって、より強くその方に、そのプロジェクト自体を愛していただけるきっかけになるんじゃないかなと思って。
彼女たちには人間力が欲しいかなって思います。すごくみんな素直で、ほんとに一生懸命私の話を聞いてくれて、成長してくれているんですけれども、加えて、どんな風に舞台に立つ、人間としてどういう風な人間力を高めて行けるかっていうところを、レッスン以外でやることも多くなってくると思うですよね。きっとみんな(メンバー自身)が、魅力的なプロジェクトに育ててくれるのかなっていう風に思います。

この後半の話で、また涙腺崩壊!いちファンの勝手な想いにすぎないですが、才能のかけらがきらめく宝石箱のようなアイドルグループ、それが GEMS COMPANY だと思っているので、本当にメンバー全員それぞれが大切にされて欲しいし、夢を追う姿によって、たくさんの人の人生にとって、大事な存在になって欲しいと心から思います。

メンバー自身が GEMS COMPANY というアイドルグループを作り上げていく

Yumiko先生から「メンバー自身がジェムカンを魅力的なプロジェクトに育てていく」という発言がありましたが、この方針はプロジェクト全体からも感じられます。YouTube配信がないときでも、筋肉痛で立ち上がれないほどのレッスンをこなしていたり、表には出てこないお仕事を必死で頑張っているのも伝わっているし、配信も色んな試みをメンバー自身が試行錯誤しながら頑張っているのも伝わってきます。

ジェムカンTV#7では、プロデューサーの齊藤陽介氏自身から、ジェムカンの方針についての言及があったのも印象的でした。

いろんなメディアさんのインタビューとかで、ジェムカンをどうしていくんですかっていうときに、武道館であったり東京ドームといった、大きな箱でライブをやりたいなっていう話はしてるんですけど、いきなりはね、とはいえ無理だろうなと思ってますし、ま東京ドームでやって3人くらいしかお客さん来なかったらそれはそれで面白いですけど、まずは、今のジェムカンにとって、ここがひとつのライブとしてやるにはいいだろうという箱が見つかりましたので、そちらを今日改めて発表させていただきたく、この時間を取りました。

詳細は別途機会を作りますが、日程は6月は最終週の週末ですね、1日だけではないです。1日だけではないし、複数回やるので、本当にチケットが売り切れるかっていうのはちょっと正直分からないですけども、ちょっと席が空いているくらいの方がそのあとまた頑張ろうぜってなるだろうし、埋まれば埋まったでみんなが頑張ってきた成果としては嬉しい限りだなと思っているんですが、そこらへんを踏まえまして、ジェムカンメンバーには最高のパフォーマンスをしてもらって、たくさんのファンの皆さんに来ていただけるように、いくつか課題を与えています。

今日のジェムカンTVからメンバーたちはライブに向けた準備を粛々と始めていきます。もちろん我々スタッフも全力でサポートしていくんですけども、何が一番心強いかっていうのは、皆さんファンがあってのジェムカンだと思いますので、これからも応援声援をたくさんいただければなという風に思っております。私たちも会場で皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

メンバーそれぞれに夢があるのはもちろんですが、ジェムカンという箱、グループとしての大きな目標もまたあり、それが大きな舞台で輝くこと。大きな目標を提示し、上司のようにひとつずつ乗り越えるべき課題を与え、時には父親のように見守る。理想的なプロデューサーですね!さすが大企業の取締役。

また、厳しいプロデューサーからメンバーが努力を求められている以上、それを見守り応援するファンの存在は必要不可欠。メンバーの成長を楽しみに、暖かく見守り、頑張ったねとはげまし、甘やかしていくことが大事かなって思いました。今後もジェムカンの動きから目が離せませんね!

本記事で紹介した「じぇむかんTV#7」は、ニコニコ動画でタイムシフト視聴できますので、まだご覧になっていない方は、ぜひ観てみてください。楽しいコーナーも盛りだくさんです。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv318657582

また、本記事でジェムカンに興味を持った方は、ダンスレッスンの成果がみられるMVをチェックしてみてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

コロッケラーメン

ジェムカン箱推しおじさん。

ジェムカンをすこれ

GEMS COMPANY 関連のnoteをまとめています。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。