自分を守るために。よどんだ場所に住んではいけない

私はもともと、活発な女の子だった。

元気に外を飛び回り、誰とでもすぐ友達になる。明るく楽しく朗らかな、子どもらしい子どもだった。

でも、それは小学校一年生までの話。

小二の夏休みに転校してから、私は自分に自信の持てない、心にすねた部分を持つ暗い子どもに変わってしまったのだ。

三月は引っ越しシーズン。
これから子連れでお引っ越しを考えている皆さん。お子さんの将来のため、どうか住む地域は慎重に選んでほしい。私のような失敗をしないために。


もともと住んでいたところは転勤族の多い町

夏休み前まで住んでいたのは、名古屋市名東区の「藤が丘」というところだ。
現代的な町名からわかる通り新興の町で、住んでいるのも若者が多い。手軽に借りられる家も多かったのだろう、転勤族の多い土地だった。

藤が丘では、毎日が楽しくてたまらなかった。学校でも帰宅後もいいお友達に恵まれて、夢中になって遊んでいた。
みんな優しく思いやりがあって、イヤな思いをしたことなどほとんどなかったのだ。


引っ越しをした先は、旧弊な町

小学校二年生のとき。
親がマンションを購入し、引っ越しすることになった。

引っ越し先は名古屋の違う区だった。名東区とはちがってあまり開発されておらず、代々の土地に一戸建てを建てて住む人が多い。
人の出入りも少ない町だ。

区が変わるので、当然学校も転校することに。マンションは3月から入居できたのに、なぜかうちの親は夏休み中の引っ越しを選んだ。


夏休みが明けて初登校の日。

私が教室に入って最初にかけられた言葉は、今でもはっきり覚えている。

「私たちAのことムシしてるの。だから、あんたもAをムシするんだよ」

クラスメイトが何を言っているのか、私にはさっぱりわからなかった。

ムシってなに? 虫のこと?

藤が丘で朗らかな毎日を送ってきた私は「無視」という言葉を知らなかったのだ。

転校生に初日から「おまえもイジメに荷担しろ」と言ってくる同級生たち。
前の学校とのあまりの差に、私は愕然とした。

まさか、まわりの子どもたちが総じて意地悪だなんて。


私もイジメのターゲットに

そして当然のように、転校生の私もイジメのターゲットになった。

下校中に犬のフンを踏まされたり、お気に入りのワンピースに絵の具をつけられたこともあった。

女の子たちから無視されたこともあるし、テストでいい点をとれば「生意気だ」と陰口をたたかれたり。二年生の頃は、毎日泣いて帰っていた。

三年生になると一緒に戦う同志ができて、ひどくいじめられることはなくなった。
それでも、意地悪な子は次々とターゲットを見つけ、攻撃をしかける。
幼稚で意地悪な同級生たちは、中学卒業までずっと幼稚で意地悪なままだった。


小学校二年生から中学卒業までの間に、私はすっかり人間不信になった。
ちょっと気を抜けばいじめられる。出る杭は打たれる。

無視されたりいじめられたりイヤミを言われたりしている間に、自分の存在にも自信がなくなった。

私は生きている価値があるんだろうか。
私なんて何をやってもダメで、誰からも愛されないんじゃないか。

そんな自己否定が、すっかり脳裏に染みついてしまったのだ。


新興の町にある高校はパラダイスだった

以前の記事にも書いたが、私の高校はニュータウンの中にある新しい高校だった。
 →「私は軍隊高校の生徒だった

校則は厳しかったけれど、生徒たちはみんな大人びていて、いい意味で個人主義。
成績がいい子にイヤミを言ったり、つまらないイジメをするような生徒は一人もいない。

各人が他人の目を気にせずやりたいように行動できて、中学までとは大違い。厳しくも楽しい高校生活だった。


引っ越しするならこういう場所に住め

私の経験からオススメする引っ越し先。
それは。

人の出入りの多い町

藤が丘のように転勤族が多い町でなくても、よそ者を受け入れる柔軟性がある土地を選んだ方がいい。

川と同じだ。人の流れがない土地は、どんどん気がよどんでくる。住人の性質が陰険になっていくのだ。

さらに。人の流れがない分、一度上下関係ができると、その関係がずっと続いてしまう。下手をしたら一生誰かに従属するハメになるのだ。


そんなわけで。

お子さん連れでお引っ越しを考えている方は、「気がよどんでいる場所」には住まないよう気をつけて。

住む場所は、子どもの人生に大きな影響を与えますよ。


この記事は「投げ銭」方式です。最後まで無料で読めますが、気に入っていただけたら購読料をポチッとしてくれるとうれしいです。

ブログ「テキトー家事でいっか☆

Twitterはこちら

この続きをみるには

この続き:0文字

自分を守るために。よどんだ場所に住んではいけない

マノヒロミ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

マノヒロミ

育児の参考集(てんてんこクリップ)

noteで見かけてクリップしたくなった育児情報ノートです

コメント10件

進月さん
おお! すごくお引っ越しが多かったんですね。転校すると新しい学校になじむのが大変だったと思います。本当にいろいろな価値観を認め合えるようになればいいですよね。
ミオールさん
あ! なるほど。オンラインの世界でも同じことがいえるかもしれませんね。私もnoteはとても居心地がいいです。
トミオカさん
中学で、すごくご苦労されたんですよね。なかなか住む前にリサーチするのも大変ですしね……。うちも中学は荒れてるってウワサだけどどうだろう。祭りの盛んなところ!! わかる気がします。伝統とヤンチャが入り交じってカオスかも。
聞こえないオランウータンさん
おお! うちと同級生ですね♪ いい平和な学校だといいですね。ほんと、意地悪な子は意地悪なんですよねえ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。