育児にはふたつの側面がある

こんにちは。マノヒロミです。

またまた男性の育児の話。
 →育休不倫議員になぜこんなにモヤモヤするのか。自分で考察してみた
 →育休と不倫をゴッチャにして語ってはならない

ちょっと前に「育児休暇は大事で~と未だに言ってる人たちへ~ お前ら絶対子育てしてないだろ~」という記事が話題になりました。

生まれてから一年間は楽……?
う、うん? 私、睡眠不足で赤子に殺されるかと思ったけど?
というのが正直な感想ですが、まあそれは置いておいて。

確かに、お母さんが家にいるのなら、お父さんが赤ちゃん期に一年間も育休をとる必要はないな、と私も思います。

もしおばあちゃんの助けがない場合、最初の2~3週間くらい育休とってくれると、すごく助かりますけどね。


育児にはふたつの側面がある

「育児」というのは、二つの側面があります。

一つは「世話」
もう一つは「教育」

生まれて一年くらいの育児は「世話」一色。
おっぱい飲ませて、おむつ替えて、寝かせて、お風呂入れて……。
それの繰り返しですよね。
自分ではなにもできない赤子を、死なせないようひたすらお世話する。

「世話」に関しては、一般的に母親の方が向いているでしょう。
なんてったっておっぱいがでるし、女性の方が子どもの微妙な変化に気づきやすいですからね。

赤ちゃん期にお父さんにやって欲しいのは、主にお母さんのサポート。
睡眠不足でぶっ倒れそうになっているときに「俺が見てるから2、3時間寝たら?」と言ってもらえると助かります。家事をやってくれるとかね。

赤ちゃんが一歳を過ぎたころから、「教育」が少しずつ始まります。

お茶の飲み方、スプーンの持ち方などから始まって、トイレトレーニング、挨拶、お片付け、テーブルマナー、交通ルール……。

そして、小学生以上になれば勉強がはじまり、そのうちに進路を決め、社会のことを勉強しています。


「教育」は父親、母親どちらでもできるけれど

「世間知らずの専業主婦が子育てするなんて、子どもの教育によくない」といって、妻を働きに出させる夫もいるそうですが……。

いまどき、一度も社会に出ずに結婚する女性なんてほとんどいないから、女性だって社会のことはわかってるんです。世間知らずなんてことは絶対ない。
学歴だって男女に差はないので、勉強も父母両方が見てあげられます。

でも「教育」に関しては、母親より父親の方が向いていると私は思うんですよね。

教育のひとつである「しつけ」に関していえば……。

「母親が子どもを叱ってもまったく言うことを聞かない」なんてこと、しょっちゅうありますよね。
そこへ父親が出てきて一喝するだけで、ぴたりとワガママが止まったり。

これ「しつけができないダメな母親としつけができる優秀な父親」というわけではないんですよ。

子どもって、
「わがまま言っても、お母さんは私のことを見捨てたりしないだろう」
という甘えがでるんですよね。ふだん一緒にいる時間が多いから、どうしてもそういう甘えがでる。

一方、父親に怒られると、びっくりして言うことを聞く。
やっぱり父親には、威厳があるんだと思います。
ふだん接する時間が短いこともあって、母親と同じようにベタベタ甘えたりできないですしね。


もともと日本では、戦争直後くらいまで、父親が家庭での教育やしつけを担当していました。

「昔の女性は学がなかったから」というのも大きな理由ですが、特に男の子の勉強は父親が見ていた。

家業も父親が息子に仕込んでいました。総領息子を立派に育てあげるのは、父親の仕事だったわけ。

昔の母親の子育てにおける担当は、身の回りの世話、それから女の子の教育(家事全般、裁縫、家政、社交など)ですね。

「世話」だけでなく「教育」まですべて母親が担うようになったのは、高度経済成長期以降なのではないでしょうか。


男性の育児は「教育」面が出てきてからが本番

上にも書いたように、今の時代男女とも学歴は同じ。みんな一度は社会に出るから、父母両方が「教育」をすることができます。

でも「世話」がどうしても母親に偏りがちになることを考えると、父親が「教育」を担当したほうがバランスがよいのではないでしょうか。

もちろん、仕事がいそがしくて、子どもとの時間をとれないお父さんも多いでしょう。

それでも、ほんの少しだけでも宿題を見てやるとか、進路の相談に乗るとか。自分の仕事について話すのもいいですね。

「男性の育児」というとすぐに「育休」が思い浮かびますが、ミルクやったりおむつ替えるだけが育児ではない。

「教育」の側面が出てきてからが男性の出番じゃないかな、と私は思っています。


この記事は「投げ銭」方式です。最後まで無料で読めますが、気に入っていただけたら購読料をポチッとしてくれるとうれしいです。

この続きをみるには

この続き:0文字

育児にはふたつの側面がある

マノヒロミ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

マノヒロミ

コメント1件

フォロー、ありがとうございます! ほんと、一歳までが楽なんて……。この記事書いたのが男性だからでしょうか。あんなに死にそうになりながら育児したのに「楽」なんていわないで、って感じですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。