ユーコン川の河口を目指して再始動。

夜が怖くなってベッドから飛び起きた。

テントの外を熊が闊歩しているかもしれない緊張感、何かあっても助けてくれる人がいない不安。ユーコンの原野で1人で寝ている時の恐怖を思い出したのだ。

昨年、ユーコン川の源流から河口までの3200kmまでを目指し、半分のところで断念した。海までは1600kmが残された。僕がベッドで不安に襲われたのは「残りをやるのは来年かな」などと考え始めた頃だった。

「旅って、そんなに辛くなくちゃいけないの?」

と、友人が言う。「雨でびしょ濡れのキャンプは心から寒い」だの「ユーコン、本当はちょっと行きたくないんあよなあ」なんてことを僕が言いまくるから、不思議に思ったのだと思う。僕にはうまく答えることができない。「でもやるんだよ」としか言いようがない。

「でもやるんだよ」

ありきたりなこの言葉は、漫画家・根本敬が「因果鉄道の旅」で使って、多くの人に影響を与えたらしい。

影響があるかは知らないけど、例えばこんな作品に出てくる。

なんでもできるんだなあ。やだな。でもやるんだよ。
-でんぱ組.inc「おやすみポラリスさよならパラレルワールド」(作詞:浅野いにお)
無駄なことだと思いながらもそれでもやるのよ。意味がないさと言われながらもそれでも歌うの。
-星野源「日常」

ユーコンの旅は日常から大きく離れた非日常だけれど、星野源が続けるその一節にはどこか通じるエッセンスがある。

理由などいらない。少しだけ大事なものがあればそれだけで。

ユーコンを海まで下るなんて、年に何人かは成し遂げることだ。だから冒険的な価値なんてこれっぽっちもない。

でも、理由は僕の中にあって、海までたどり着いたところに、それまで見えていなかった何かが見えるのではないかと思うのだ。そんなあやふやでふわふわした物を見つけるために、辛い旅に出かけるのです。

そんなわけで2020年の6〜7月に照準を合わせて、細々と準備を始めた。

準備といっても、必要な道具は想像がつくし、情報もある程度そろっているので、実際のところ必要なのは決断をすることだけだったのだのだけど。

これからやっていくこと

・大まかな行程案の作成。川沿いの村々の情報収集

・新しいフネの入手。テストでニュージーランド遠征(1月)

・野生感覚を取り戻す3日間キャンプ@吉野川(11月か12月)

・スタート地点、終了地点、エスケープ地点の航空便の確認

・いくつかのスポンサー集め

・食糧計画(これ重要) 

また今回も、ぜひお見守りください。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

新居拓也

徳島県在住。祖父が創業した山小屋「剣山頂上ヒュッテ」の従業員。 うっかり冒険家。これまでニュージーランド河川や湖のパックラフトや、ユーコン川の1600kmなど。 そのほか、キャンプイベントの企画運営、講師や、ロープアクセスなど。 http://korutak.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。