古沢良太kosawaryota

脚本書き。

テグ紀行

10月半ば。韓国テグは東京より一足先に秋本番であって、空は高く澄んでいた。
 毎年都合が合わず辞退していたアジアドラマカンファレンスにようやく参加してきたのだ。
 日本、韓国、中国、タイ、シンガポールなどアジアのドラマ脚本家や製作者たちが意見交換する場である。
 ほぼ一日中ホテルのホールでシンポジウムが続く。どれも考えさせられるものばかりではあるのだが、僕は一日早く帰国するためこのままでは観光する

もっとみる

『ミックス。』地上波放送

映画『ミックス。』が、20日(土)、夜9時より放送となります。
 2015年の石川淳一監督との『エイプリルフールズ』のあと、もう一本映画をというお話をいただき、いろいろな案を考えるなかで、卓球の男女混合ダブルス(ミックス)を題材にしたロマンティックコメディーに行きつきました。私卓球好きですし、「これから卓球が来る!」と踏んでいたので。
 当時僕は、トリッキーな構成やどんでん返しのある物語ばかり書い

もっとみる

8月6日

恥ずかしながらわたくしの誕生日ということで、電子書籍のシナリオ『ミックス。』、漫画『ネコの手は借りません。』の半額セールを本日8月6日から1週間することになりました。(『コンフィデンスマンJP』はまだ出たばかりで購入してくださった方に申し訳ないので除外していただきました。)ebookJapan、kindle、BookLive!にて行われます。

 などと言いながら、誕生日を祝われるのが昔から苦手。

もっとみる

構成の鬼

脚本を勉強した者にとってはまさしく巨星堕つ。
 橋本忍さんが亡くなられた。
 雲の上のその上のそのまた上くらいの存在なので、むろんお目にかかれたことなどないけれど、特に構成はこの方から学んだと思っている。
 『切腹』の観客の興味を引き続ける時間操作。
 『砂の器』の情報の出し方、省略の仕方。
 『生きる』の後半、時間を一気に飛ばして謎解きにしてゆくところ。
 しびれる。
 密室劇や会話劇を書くとき

もっとみる

シナリオ『コンフィデンスマンJP』

このnoteというサイトを使ってみようと思ったのは、創作物の発表の場としてプラットフォームに出来るかもしれないと思ったからです。
 脚本や雑文や絵や漫画など思うまま書いたものをここにあげて、楽しんでくださる皆さんとの小さな庭のようになったら素敵だなと。
 試みに、連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』のシナリオ全10話を有料公開します。
 電子書籍での発売も予定しているのですが、noteでは校閲前の

もっとみる