白か黒かの断定は強いけど、想像する優しさを忘れたくない。

客観的事実よりも感情的な意見の方がより強い影響力を持つ、らしい。

「ポスト・トゥルース」という言葉を知ったのは、2年前。イギリスのEU離脱や米国大統領選でのトランプ勝利が報じられた頃だと思う。直訳すると「脱真実」になる。

「いやいや、そんなことあるかなあ」と、疑問に思った。もちろん感情には左右されるけど、事実や真実に基づく理性だって判断には働くよねって。2年かけて、その思いは少しずつでも確実に揺らいでいった。「そんなことある」に考えが変わってきたし、その感覚を自覚しないと危ういと思うようになった。

テレビではなく、スマホでニュースを知るようになったのはいつからだろう。もっと言うと、キャスターの控えめなトーンで読み上げるニュースではなく、タイムラインの誰かのコメント付きでニュースを知るようになったのはいつからだろう。

もちろん、どちらも現場で起きてることを生で見れる訳ではない。誰かが間に立ってくれてるから、情報に接することができる。これは感覚的だけど、気構えずに接するスマホから受け取る情報は、指先から脳裏に至るまでの速度がはやい。ゆえに感情も勢いよく飛び込んでくる。

そこには、読み物として、いわゆる「エモい」と呼ばれる感情の起伏を共有できる喜びがある。もちろん感情は大切にしたい。けれど、誰かの強い感情付きでニュースを知るのは諸刃の剣だとも思う。「これはこうだ」と、断定する言葉は強いから。鮮烈な第一印象にはその後もどうしても引っ張られる。

最近、SNSのタイムラインの空気が変わったのは、「断定」が増えたからな気がした。「これはこうなのだ」「こうするといいのだ」白か黒かの断定は、キャッチーだし、強い。受け手の自分が「判断」する時間を省略してしまう。でも本来、白とも黒とも言えないグレーゾーンなことも多いしはずで、そもそも、その色は、白でも黒でもないかもしれない。

だから、受け取った僕たちは想像するしかない。「本当にそうなのかな?」と踏みとどまって考えること。最近話題になっているあのニュース。「一方から情報が語られているけれど、もう一方の言い分はどうなんだろう?」「派手に言い過ぎていないか?」想像する時間は、優しくないといけない。どちらにも配慮をできる自分でいる、という心持ちでいたい。

言葉、コピーを考えるのも、想像力が大切、という思いでワークショップ『夏目漱石は「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳しました。今のあなたなら、何と訳しますか?』をしていたりもする。

このnoteを書いていて、駆け出しのコピーライターの頃を思い出した。

当時、うまく書けなくて焦っていた僕は、ものすごく直球な質問を師匠にしてしまった。「どうすればコピーをうまく書けるようになりますか?」

「素直になれ。真面目に生きろ」

これから何度も思い出したい。

いま僕は、感情に素直になれているか?

そして、真面目に考え抜けているか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございました! TwitterなどSNSで感想を、 お寄せいただけたら嬉しいです。 サポートいただけたら映画に行きます◎ それではまたどこかで!

超感謝です!
86

阿部広太郎

「広告・企画・コピーとは何か?」

その時、感じていることを。
4つのマガジンに含まれています

コメント2件

初コメ失礼します。私も白黒つけたがる性格なのですが母からグレーパワーの教えを受けて諭され実践する事で沢山助けられて乗り越えてこられました。グレーの力は偉大だと思っています。
新聞と同じような境遇にあるラジオを舞台にした小説から、オールドメディアがやらなきゃいけないこと、やるべきこあてについて、ビブリオバトルで述べた内容を書いてあります。ご一読を。
https://note.mu/davekawasaki/n/ndcb8bf1efec4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。