スクリーンショット_2016-12-11_19.25.17

社交辞令で終わらせないことだけが、人生になる。

この言葉をもらったのは、2016年4月のことでした。

「社交辞令で終わらせないことだけが、人生になる」
どきっとした。ひろのぶ党の党首であり、コピーライターの大先輩でもある田中ひろのぶさんからリプライが来てから、みずからを省みた。僕はどちらかというと、社交辞令をあまり言わない方ではあるけれど。僕は東京、ひろのぶさんは大阪。僕の「お会いしたいです」という言葉が本気なのかどうか、問われている気がした。

約束にはエネルギーがいる。でも、約束を果たすことで、人は変わっていく。

この夏に書籍「待っていても、はじまらない。―潔く前に進め」を刊行できた時に思った。刊行記念イベントで大阪に行こう。4月の約束を果たすために。

というのも本を届けるために、全国各地あらゆるところに行こうと思っていた。手で書き、足で売る。とにもかくにも、できることはすべてやりたかった。フェイスブックで「各地でイベントをやります、やりたいです」と報告をした時に、コメントをくださった方がいた。

「大阪にも来てください!」

コピーライターの金そよんさんだった。そよんさんは、「世界は言葉でできている」という番組に出演されていた。お会いしたことはない、でもいつかお会いしたいと思っていた人だった。「来てください!」と言ってもらえたことが嬉しかったし、これはもう大阪に呼ばれてる気がした(勝手に)。

それが、2016年12月10日だった。新幹線に乗って、約束を果たしに行く。すごく特別な日だった。その思いの強さに比例するように、いい時間だった。なぜ書きつづけるのか。3人が初対面だとは思えないほど、とてもうれしい話がたくさんできた。

広告は毎回ちがうテーマがある。そのテーマが、毎回ちがうことを思い出させてくれる。だから、書くことは、思い出すこと。過去の嫌だったことも肯定できる。書き残すことで、いつか読み返せる。書くことで、思い出になる。そう教えてくれたひろのぶさん。
書くことは、泣くことに似ている。子どもは、まだ言葉を発せられない。だから、泣くことで、主張する。存在証明として泣く。泣かないと伝わらない。それは書かないと伝わらないことに似ている。そう教えてくれたそよんさん。

そして、いちばんはっとしたこと。

ひろのぶさんが、コラムを書きはじめたことで、仕事であちこちに行く機会が増え、駅に降り立った時に、思ったこと。

文字がここへ連れて来た。

ひろのぶさんの「社交辞令で終わらせないことだけが、人生になる」と重なって僕は、その場で大げさではなく、感動していた。社交辞令にならずに、約束になれた文字は、人を動かし、人生を変えるんだなと。

打上げはたこ焼「味穂(あじほ)」。なんだかとても楽しくて、帰りの新幹線ひとりにまにましていた。「待っていても、はじまらない」というタイトルの本を出して良かった。この日感じたことは、またいつか思い出したくて、noteに書きました。

また、会いましょう!

あのイベントから、2年半が経つ。

ひろのぶさんは、書籍「読みたいことを、書けばいい。」を刊行されました。

読みたいことを書き、自分を連れ出していく。それを体現する姿がかっこいい。ひろのぶさんの本は、「蝶のように舞い、蜂のように刺す」モハメド・アリのように、思わず笑ってしまった後に、核心を突く言葉で貫かれます。すごいです。本も、イベントも、ぜひとも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございました! TwitterなどSNSで感想を、 お寄せいただけたら嬉しいです。 サポートいただけたら映画に行きます◎ それではまたどこかで!

ひゃー!
100

阿部広太郎

コピーライター&作詞家。世の中に一体感をつくる。「企画でメシを食っていく」主宰 作詞→さくらしめじ「先に言うね」「お返しの約束」 向井太一「FLY」共作詞 プロデュース→映画「アイスと雨音」「君が君で君だ」舞台「みみばしる」著書『待っていてもはじまらない』をnoteで全文公開中!

書籍「待っていても、はじまらない。」のすべて

「待っていても、はじまらない。―潔く前に進め」にまつわるすべて。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。