これからも胸をはって伝えていきたい。57回話して気付いたこと

57回でした…!

2017年、講義とか、取材とか、出演とか、いくつあったんだろうって、数えたんです。そしたら、57回もの機会をいただいてました。

声を掛けてくださったみなさん、ありがとうございました!

「毎週末、何かしらあるなぁ」とは思いつつ、まさかここまで回を重ねているとは。57回の中には、主宰している「企画でメシを食っていく」の12回分も含まれているのですが、他にもたくさんお声掛けいただけて、たくさんの場に伺うことができました。人前で話す時間、伝える機会を、どうしても大切にしたいと思う自分がいます。

もう12年前ですね。僕が就職活動をしていた頃、多くのイベントに伺う中で、社会人の方たちの「ひと言」が未だに思いに残っていたり、それをきっかけに志望度が高まったり、いや…ちょっと違うなと思えたり。話す方が試されている。人に伝える場の重みを痛感しています。

自分が感じてきた仕事の厳しさ、楽しさ、やり甲斐を伝えたい。願わくば広告の仕事、企画の仕事、コピーライターの仕事に興味を持ってもらいたい。違うなと思われるにしても、話を聞いてもらってちゃんとフラれたい。そんな心持ちでいて、スケジュールが合う限り、呼ばれたらパソコンとパワポを携えて飛んで行ってました。

会社も、社会も、変わらなくちゃいけないし、変わろうとしている時。今こそ縮こまらない。伝えたいことは、臆することなく、胸をはって伝えていきたい。2017年、年の瀬に思います。

以下は、登壇したイベントで記事になったもの(もしくは感想ブログ)を、5つピックアップしました。「お、なんだろ!」と言葉があった人は、詳しく見てもらえたらうれしいです。

★それではスタート!★

①4月9日(日)「企画とアタシ―20代のチャンスの掴み方」阿部広太郎✕ミネシンゴ @中目黒 蔦屋書店

1、量の20代 質の30代
2、仕事とは自分ができることを贈ること
3、チャンスを掴むというより心を掴む
4、会社人ではなく社会人であれ
5、資本主義ではなく関係主義

②5月23日(火)PICK ONE「好きなことで生きていくホントの方法」 @J-WAVE

好きな仕事をするためには「報・連・相」と「マツタケ」が重要だ

「マツタケ」とは、「巻き込み、つながり、助け合い」という横の動きなんです。この縦の動きと横の動き、つまり組織内における調整力と社外における交渉力の両方ある人が、いいプロデューサーじゃないかと思っています。

③8月3日(火)ハタガク「働くを『働きかける』に変える」 @ハタガク

電通コピーライターさんと考える「働く」が、優しい言葉なのに胸に突き刺さりまくった話

1/500、500人くらいいるうちの自分ひとりというように、誰かと比較してしまうときは、弱っているときなんだと思います。そうじゃなくて、まず考えなくちゃいけないのが自分の中の自分、1/1なんじゃないかって思って、誰かと差別化する前に、まずそもそも自分が何したいのかっていう、自分の中にある本質的な熱い気持ちを、ちょっと見つめたほうがいいなと思ったんですよ。自分はもっと、自分になれるんじゃないかっていう。まず自分が何をしたいと思うかが大事で。

④10月27日(金)宣伝会議賞「コピーってどう書くんだろう?」 @鷗友学園女子中学・高等学校

いいコピーを書くコツは、「人格可動域」を広げること

阿部さんが、企てのある言葉、つまり秀逸なコピーの一例として挙げたのは、駅前の放置自転車問題を解決しようと看板に掲げられた言葉。
「不要自転車です ここの放置自転車はご自由にお使いください」
「このたった一言で、放置自転車が解消したそうです。この言葉によって、『ここに置くのはやめよう』という意識が生まれ、『ここには置かない』という行動につながったんですね」。

⑤11月22日(水)明日のライターゼミ 取材

「これから書く力はどう応用できるのか」電通コピーライター阿部広太郎さんに聞いた。

私は「書く」ことは、世界をふるいにかける行為だと思っているんです。聞く力がある人は、他者の言いたいことや本質を導き出せる人で、真っ当に世界をふるいにかけられる、つまり輝きのある文章を書ける人だと思っているんです。

★ここまで!★

2018年になったらさっそく、広辞苑大学の登壇があったり(緊張するけど楽しみ)どんな出会いがあるのか、今から楽しみです…!

最後にひとつ…!

2018年の元旦から、僕がプロデューサーを務める映画「アイスと雨音」の主題歌・MOROHA「遠郷タワー」が配信開始になるんです。年末年始、故郷を思い出す時期に、心を鷲づかみにする歌で…聞いてくれた方の反響がどう広がっていくのかめっちゃ楽しみです(特設に歌詞があるので、物語としても是非)

創作秘話&歌詞はこちら→http://ice-amaoto.com/lyric/

2018年もいい年にするぞー!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございました! TwitterなどSNSで感想を、 お寄せいただけたら嬉しいです。 サポートいただけたら映画に行きます◎ それではまたどこかで!

わ〜スキ!
47

阿部広太郎

「広告・企画・コピーとは何か?」

その時、感じていることを。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。