無名の個人アーティストが、Spotify公式プレイリストに入るためにやったこと。

先に、記事の概略。
①Spotify for Artistを駆使すべし。
②できるだけ早く配信準備を済ませ、Spotify側に曲の情報を伝えるべし。
③楽曲のクオリティが最重要。無名の個人でも可能性アリ。
------

皆さん、こんにちは。作曲家で音楽プロデューサーの齊藤耕太郎です。

このノートでは主に音楽を作って発信したい方、音楽ビジネスに
携わる方々にとって、僕の視点で気になった自らの経験を
なるべく分かりやすく、かつ「盛らずに」共有していければと思います。

第一回めの議題は、デジタル音楽配信市場における古豪であり
現在個人含めた多くのアーティストへの門戸開放ぶりが素晴らしい
スウェーデンの黒船サービス、Spotifyでの楽曲配信についてです。

Spotifyとは何か?という議論は他の方の記事でご覧いただきたく
今回はSpotifyがどんな音楽配信サービスなのかご存知の前提で
つい先日自分に起きた体験をご紹介します。
まだ1週間経っていないので、かなり現在進行形です 笑

ちょっと宣伝になりますが、去る8/7(火)、
「BRAINSTORM」をリリースいたしました。

僕のSpotifyページも貼り付けておきますね。
せっかくなので、この記事を読むときはぜひ僕の作品を
BGMにしておいてください 笑
https://open.spotify.com/artist/6VWKUdCo8AEhrI1WH8YWdX?si=0_dk3_DBSmmBxVmaeFqUcA

リリース3日後に、急にSpotifyから連絡が来て、僕のアルバム表題曲
「Brainstorm」を、オフィシャルプレイリストを入れました。と。
みてみると、著名アーティストに混じって、僕の楽曲が。
https://open.spotify.com/user/spotify/playlist/37i9dQZF1DX3qfKi1la1B1?si=L9zxnomlS_CwRy6_iCUibg

今回こうなるに至るまでに、自分がしたことを記します。
------

①Spotify for Artistを駆使すべし。

自分自身がリスナーとして日々使うSpotify。
アーティストページを覗くと、皆揃いも揃って
自分のページに写真やリンクを貼るなどカスタマイズしている。
自分もやりたい。そう思い配信元のTuneCoreに問い合わせたところ、
彼らはそれには対応していないとのこと。

どうすればいいんだ?と思ってGoogleの旅を続けたところ、
「Spotify for Artists」というサービスがあることに気づきました。
https://artists.spotify.com/

一応、学生時代にインドに3年住んでいたこともあり、
今でもギリギリ英語は読めるので、読み進めながら登録しました。
すでにアルバム内の「Love Song」「Je Suis」を先行リリースしており、
そのページを指定した上で青色の「認証」チェックマークを
もらうべく、手続きをとりました。

無事、認証されると、アーティスト写真やギャラリー、
プロフィールなどの詳細をいじれるようになりました。
(なぜか僕の場合はAboutをいじろうとしても反映されませんが)
------

②できるだけ早く配信準備を済ませ、Spotify側に曲の情報を伝えるべし。

で、一番大事なのが、その中にある「Songs」というページ。
ここで、「可能な限り早いタイミングで」楽曲のリリース情報を
Spotifyのエディトリアルチームに伝える手続きをする!!
僕はこれを配信開始3週間前に済ませてありました。

詳しくはここに書いてあります。僕はたまたま、
この記事が出る前に自分でそれを見つけ、登録を済ませていました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/jaykogami/20180723-00090481/

今もう配信してしまったので画像でお見せできませんが、
「Submit」という機能がついており、そこからアルバム曲の情報を送信。
特に、推しの曲1曲を選んで、その曲の情報を
限りなく細かく、正確に、抜け漏れなく記入していきます。

ちなみに、僕はこのとき実は、
今回取り上げてもらった「Brainstorm」以外を推しました。
なので、Spotify Editorial Teamの方々は、
僕が推したものだけを聴いて
プレイリストを組んだわけではなさそうです。

リリース日に公式プレイリストに推した曲が入らず、
「だよね、そう簡単にいかないか・・・」と肩を落として数日、
思いもよらぬ知らせに今もなお驚いています。
------

③楽曲のクオリティが最重要。無名の個人でも可能性アリ。

結局、なぜこの曲がいきなり入ったのか理由はわかりません。
けれど、一つだけ確かなのは、僕はこの曲だけでなく
今回の楽曲たち自体を仕上げるのに、一切の妥協はしませんでした。

個人の好き嫌いもあるかと思いますが、
僕はあまりソフトシンセの音色が好きではありません。

今回、ピアノは全てソフトで作りましたが
それ以外のほとんどの音色はレコーディングによるもので、
シンセのサウンドも全て自前で実機を買い、作っています。
弦も、ギターも、ベースも、リズム隊も全て生楽器、ハードシンセです。
それが良いかは人それぞれでしょうけれど、
僕は少なくとも、後悔なく作品に打ち込んだと思っています。

そして何より、演奏してくれたみんなのRec、
Mix、マスタリングに至るまで、
僕が日々CMのお仕事で頼りにしている方、いつかご一緒したかった方に
アルバムの概要を可能な限り丁寧に説明して作り進めました。

個人で気軽に音楽配信できる時代であることは確か。
でも、結局餅は餅屋だと僕は思っています。

僕が今考えうる最高のチーム編成で臨んだ結果、
Spotifyの皆さんに曲を選んでいただけて
ひとまずとても報われた気分。それが今の本音です。
妥協せず、ひたむきに曲を作り進めていくこと。もしかしたらこれが
世界に音楽を知ってもらう一番の近道なのかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。サポートいただけましたら機材投資、音源制作に回させていただき、更に良い音楽を届けられるよう遣わせていただきます。

ありがとうございます。ひとつひとつが励みになります。
83

Album "BRAINSTORM"

Kotaro Saitoのアルバム「BRAINSTORM」に関する情報をまとめています。
3つのマガジンに含まれています

コメント3件

こんにちは、質問なんですが、プロフィール画像を変更した時、検索して出てくる名前の横の小さなプロフィール画像も変わりましたか?
こんにちは。変わりました。Spotify for Artists内で変更した際はアプリを一度終了すると更新されるかと思います。
返信ありがとうございます。プロフィール画像を変えた際、spotifyコードに表示される画像も変わりましたか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。