言葉のアート

言葉が変われば世界が変わる。

人間模様

口から出た言葉は糸になって、糸繰り人形の人間を操る。操られる人間も、操る人間もその糸は複雑に絡んで人間模様を織りなすという。

世界とは

時々考える。この地球はうまくできすぎていると。 時々考える。地球がうまくできているのではなく、地球をうまく利用しているのかと。 時々考える。この世界は本物かと。 ...

今を

今日、明日の生き方を考える。明日、生きているとも分からないのに。 今日、昨日までを振り返る。昨日、起きたことは変わらないに。

想い出

かつて過ごしたその場所を、誰もいないと知りながら、何故か横目で覗くのは、目線の先のその場所がきっと記憶の塊だから。

心の雨

降って降られてびしょ濡れで、心はふやけてしまえども、雨の終わりの晴空は頬を伝う雨に変わるだろう。

帰り道

いつもと同じ道をいつもと違う時間に通り、いつもと違う人々を見かける。いつもと違うストーリーと出会うと、いつもは思わない事でも思ってしまう。小さな変化が続いていけ...