囚人のジレンマとは何か?原因や適応例も解説。試験やレポートにも役立つ!



問:囚人のジレンマについて、150字以内で説明しなさい。






ダメな解答例:
囚人がジレンマに陥るんじゃない?知らんけど。





解答例:
囚人のジレンマとは、ゲーム理論の一つで、個人の最適化を図ろうとした選択が、結果として全体の最適選択とはならないことを示唆するものである。別室で尋問される二人の容疑者の例からこう呼ばれる。個人が自らの利益のみを追求している限り、必ずしも全体の合理的な選択に結び付くわけではないことを示している。(146字)



解説:
・囚人のジレンマの代表例
・パレート最適
・ナッシュ均衡
・情報と信頼の不足
・現実の政策課題とゲーム理論
・学習におけるワンポイントアドバイス




《囚人のジレンマの代表例》
 囚人のジレンマの説明としてよく用いられるのはこのような例である。

同一の事件で逮捕された2人の囚人が、互いに意思疎通をできない牢獄にいる。そこで2人に対し、個別に提案を出される。「自白すれば司法取引※1により釈放されるが、もう1人も自白した場合は2人に懲役3年が科せられる。1人が自白し、もう1人が黙秘した場合、自白した者は釈放され、黙秘した者は懲役5年が科せられる。また両方が黙秘した場合は、懲役1年が科せられる。」※2

※1 司法取引
他人の犯罪を明かす見返りに、容疑者や被告の刑事処分を軽くすること。アメリカでは一般的であるが、日本においては2018年6月から施行されたばかりの制度である。

表にするとこのようになる。

画像1


※2 懲役の年数に関しては大した意味合いは無いので、大小関係が分かれば多少変わった例が出ていても問題ない。5年でも10年でも50年でも同じ結論に達する。

 この場合、全体としてみれば、2人の囚人の黙秘による懲役1年(右上のマス)が最適な選択であるのは明らかであるにも関わらず、自白をした場合、自分にとって釈放という最適化があるため、自白か黙秘かの選択にジレンマが生じてしまう。
個人にとって最適なのは、自分の自白と相手の黙秘によって釈放されることである。しかし、相手も同じことを考えて自白してしまうと双方に3年の懲役が科せられる。その一方、もし自分黙秘し相手も黙秘した場合、双方が自白した場合の懲役3年より短い懲役1年となる。しかし相手が自白した場合、自分にとって懲役5年という最大不利益を被ってしまう。

この続きをみるには

この続き:2,073文字

囚人のジレンマとは何か?原因や適応例も解説。試験やレポートにも役立つ!

聞いたことあるけど説明できない言葉を解説します

250円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

支援していただいたお金は書籍の購入や調査費に充てることとします。どうぞ、よろしくお願い致します。

1

聞いたことあるけど説明できない言葉を解説します

「聞いたことはあるけど説明しろと言われると・・・」という言葉を解説しています。特に社会科学系の学生さんや政治経済のニュースをもっと理解できるようになりたいビジネスマンの方などに読んでもらいたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。