戸鳴ひとと/トナリヒトト <住所不定、有職と無職>

無職と有職の狭間にいます。仕事がまばらです。専攻は翻訳(日英)でした。ウェブサイトを作ったり、記事を書いたりしています。興味を持つ学問:社会言語学 ・哲学。抹茶が好きです。 よくこちらで記事書いてます。(https://cotohato.com)

「ひきこもり」を打開するシンプルな1つの方法

個人事業主やフリーランスはひきこもりがちになることが多い(気がする)。自己管理が相当上手くなるまでは、時間にルーズになってしまったり、なにもせず一日家に引きこも...

タッチフットをする子どもたちと、ニートみたいな僕【日記】

何かに触れて、誰かの声を聴いて、急に何かを起こしたくなる瞬間がある。それは良い文章を読んだ時であったり、映画を見た時であったり。  今日はいつものルーティンから...

理解なんてされなくていいんじゃないですか?

「あーほんとにお前の言ってることわかんねーわ」 「なにがいいたいんだ?」 「理解できねー」  そんな風な言葉をかけられた事のある人は多くいると思う。自分も基本的に...

「頭が割れるほど痛い」の説明力の無さ...【例え話のはなし】

「頭が割れるほど痛い」とか 「あぁ溶ける〜アイスクリームの気分」 「この焼きそば、まるで輪ゴムだ」などなどetc... 妄想なのに、まるで現体験のように話す人、周りにい...

”ナンバー1でなく、2番や3番でいたい【恋人に振られて】

そういえばこの前、恋人に振られた。恋人というより、「恋人のような何か」に振られた。 言葉足らずで、付き合ってるような関係に思えてたが、そうでなかったらしい。 ...

「頼ることを知らないと誰もあなたに頼れない」

羽海野チカ先生のマンガ「3月のライオン」にこうしたセリフがあります。 「あのな 大事な事だぞ? いいか?一人じゃどうにもならなくなったらだれかに頼れ でないと実...