見出し画像

『解体屋ゲン』より、お詫びとお知らせ

みなさん、こんにちは。『解体屋ゲン』原作者の星野です。

『解体屋ゲン』は2003年に連載をスタートした爆破解体エンターテイメント漫画です。電子書籍版『解体屋ゲン』は、2019年4月現在、AmazonのKindleとスマホのピッコマで配信中ですが、4月一杯でいったんすべて発売停止となり、6月からリニューアルして再発売となります。

その間、5月の一ヶ月間が丸々空白となってしまい、すべての電子書籍サイトから消えてしまいます。読者の皆様には大変ご迷惑とご心配を掛けることになり、誠に申し訳ありません。

その後の配信スケジュールですが、
2019年6月 1〜50巻
   7月  51〜58巻
   8月      59巻、以下毎月1巻ずつの発売となります。

6月には装いも新たにリニューアルとなります。表紙の刷新に加え、目次や奥付もすべて作り直し、画像の傾きや歪み、2色ページの再スキャン等を含む、大幅な修正を行い、より綺麗な形でみなさんにお届けします。

Kindleでこれまで購入いただいた分につきましては、自動的に新しい版に差し替えとなりますので、そのままお待ちいただければと思います。8月以降は、これまで通り月1冊の刊行ペースでの発行になります。

また、6月からはKindle以外の約50ヶ所のストアからも同時発売となります。これまで以上に、気軽にお手に取りやすい環境を整えてゆきます。

そういう訳で、みなさまにはご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちいただければと思います。

また、4月末より『「解体屋ゲン」の導火線ーベストセレクション見本版ー』をKindleにて無料配布します。これは、今後発売される新版の見本であるとともに、これから解体屋ゲンを読み始める方に向けたベスト版です。

*無料期間は終了しました。現在は100円ですが、KindleUnlimitedに加入していると読み放題です。


ここに至るまでの経過を簡単にご報告させていただきます。

電子書籍版『解体屋ゲン』は2017年7月にリリースを開始しましたが、発売以降も決して順風満帆ではありませんでした。

それは主に
・電子書籍版のクオリティに対する数々の不満(スキャンデータの不備、誤植や文字の潰れ、目次の不整備、等々)
・発行元に対する不信感(印税の支払い遅れや未払いなど)
の2点でしたが、長年書籍版が発売されず、ようやくの思いで電子版発行に漕ぎ着けた経緯から「それでも出ないよりはマシ」と、そうした不満を飲み込んで我慢する習慣がいつの間にか身についてしまっていました。
*注:上記の「印税の支払い遅れや未払い」は電子書籍の発行元を指し、芳文社のことではありません。芳文社は日本一支払いの早い出版社として有名です。

また、週刊連載を続けながら、そうした事態の対応に追われると書く筆が止まってしまう…結果として作品のクオリティが落ちてしまう…そうした事態を恐れ、なにはともあれ連載中の作品を守ることを第一としてきました。その結果、色々な対応が後手後手になってしまったのも事実です。

これまでも読者の方から、誤植や乱丁のご指摘をいただいたことが何度かありますが、いずれも温かい応対をしていただきました。「解体屋ゲン」はインディーズだから仕方ない、みたいな。ですが、だからと言って電子書籍の品質に目を瞑ることは読者に対して不誠実であり、心の底ではいつも申し訳ないと思っていました。

そんな折に佐藤秀峰氏から、Twitterを通じて印税の支払いに対する疑義の指摘をいただき、これまで自分たちが見ないようにしてきた現実ときちんと向き合うことを決意し、佐藤漫画製作所への移籍を決意した次第です。詳細は控えますが、佐藤さんとはA4換算で100頁以上に及ぶメールをやりとりし、何がベストなのか、どういう形のリニューアルが望ましいのかを検討していただきました。

移籍に向けて作業を進めてゆく中で、私も作画の石井氏も感銘を受けたのですが、佐藤さんの漫画に対する情熱は凄いです。色々と世間を騒がせることの多い佐藤さんですが(失礼!)、一歩引いてみると…あるいは時間が経ってから振り返ると、漫画に対して誠実であろうとする姿勢は常に一貫していることが分かります。

みなさんは、電子書籍というと何かシステマティックに物事が決まり、定価や印税率、割引キャンペーンなどが、自動的に決まっているような感じがしませんか?

一度当事者になってみると、その中身はすべて裏で人間が決めていることで、様々な思惑や利害関係が複雑に絡み合い、1つの会社でも著者によってケース・バイ・ケースだったり、印税率が異なっていたりと、非常に生々しい駆け引きが行われていることが分かります。

そしてまだ始まって日が浅い電子書籍においては、何が正しいのかをみんなが暗中模索しているのが分かります。言い方を変えると、何が正解なのか誰にも分からないのが現状だと思います。


そんな中で「解体屋ゲン」の電子書籍は一度配信停止となってしまいます。電子データは劣化も在庫切れもないし、配信停止なんてあり得ない。そう私も思っていました。でも雑誌や単行本と違って歴史の浅い電子書籍の方が、人間臭くて何が起きるか分からない、今ならそう思います。また、色々なチャレンジができるのも物理制約が少ない電子書籍だと思います。

みなさんにご迷惑を掛けてしまう以上、これから先に何をお返しできるかを考えています。再開後には期間限定ですが既刊の割引キャンペーンも予定しています。また、Kindle Unlimited読み放題も継続してゆきます。

これからも「解体屋ゲン」らしく、人間臭いやり方で電子書籍のあり方を模索してゆくつもりです。また、今回学んだ電子書籍に関する知識やノウハウは、追ってできるだけオープンにしていきたいと考えています。

よろしくお願いいたします。





ひょっとして、この文章ではじめて『解体屋ゲン』を知ったという方は、こちらからどうぞ。


#解体屋ゲン #漫画 #マンガ #コラム #解説  #KindleUnlimited  #おわび #お知らせ #電子書籍

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここでいただいたサポートは、海外向けの漫画を作る制作費に充てさせていただきます。早くみなさんにご報告できるようにがんばります!

なんという多幸感
147

星野茂樹

漫画原作者星野茂樹です。現在『週刊漫画TIMES』にて「解体屋ゲン」(作画:石井さだよし)を連載中。他に『ことなかれ』(作画:オガツカヅオ)など。

解体屋ゲン 試読(無料)

「解体屋ゲン」から一部を無料公開します。まだまだ追加してゆきますが、期間限定で削除する場合がありますのでお早目に。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。