社畜脱却から数年が経ちました

もう少しで2018年も終わりですね。
ブラック企業だった前職時代に、転職するかしないかの時期から書き始めた【社畜の歩き方】。
読み返していると当時の記憶が蘇ってきて、ますます出戻りはしたくないなと思いました。笑

さて、今はホワイト企業でゆるく働いている訳なんですが・・・
ブラック企業での経験がそれはもう活きていて、ネガティブな感情を会社や上司、業務に持つことがほんとに少なくなりました。
仕事をするうえでマイナス要素は少ないほうが絶対に良い!!
まぁ、そんな中でもいろいろと思うことはあるのでまた記事にしたいなと思っています。

そして、
前職時代に発症した皮膚炎は改善しつつあり(たまにまだ出るけど、治りも早いし範囲も小さくなった)、
健康的な生活とアフターファイブ謳歌の影響で太り(人生マックスを更新!←)、
職場で泣くことがなくなり、
年収も上がり、
基本的には良いことばかりです。

よく、「ブラック企業なんか辞めれば、と言われてもそう簡単には辞められないから辛い」という意見がありますが、私は本当にそうなのだろうか?と思ってしまいます。
「自分が無事転職できたからでは?」と言われればそれまでですが、
ブラック企業、そして社畜が心身に与える悪影響は凄まじいです。
その悪影響で万が一後遺症が残っても会社は責任をとってくれません。

意外と人はどんな状況でも生きていけます。
日本は雇用保険などで失業中も様々な手当てや給付金があり、ある程度は私たちを守ってくれます。

世界は狭いようで広いです。
ブラック企業での経験は意外と糧になります。
なので、強気で一歩踏み出してほしいのです。

全国の社畜さんに幸あれ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

kotono

マスコミ系勤務/社畜歴5年/仕事は大好きですが、労働環境が嫌いです!→ホワイト企業に転職成功!

社畜の歩き方

広告代理店=ブラック業界と言われがちですが、 そこは学生時代の想像を超えるブラックっぷりでした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。