kaori

羊毛フェルト作家kao-kaoの備忘録。「大好き」をカタチに…。
固定されたノート

わたしと羊毛フェルト。

子どもの頃から絵を描くことや手芸が大好きだった。学生の頃は絵を描くことに没頭した。美大卒。

羊毛フェルトとの出会いは、今から約14年ほど前、当時息子が通っていた幼稚園のバザー部に入部したときだった。

それぞれ何か作品を出品しなければならず、取り敢えず手芸屋さんへ行ってみることに。ここは、色とりどりの布や刺繍糸、ビーズなどたくさんの素材が並び、昔からワクワクする場所だ。

ふと羊毛フェルトが目に

もっとみる

芝桜

ピンクの世界に

ときめいて

優しく揺れる

春の午後。

いちめんに広がる 

芝桜。

花より団子と

君が言う。

笑顔で歩いた

幸せの道。