なりたい自分と、ホントの自分

つい先ほど香港から帰国したんですが、帰国便に乗る直前に、こんなツイートをしました。

前々から思ってるんですけど、この世の女性の多くは、
「あたし、写真うつり悪いな」
と思っていて(私も含みます)、
「もうちょっとイケてるはずなんだが……」
という割り切れない気持ち(というか、思い込み)を解消してくれる加工アプリは、一度手を出すと、なかなかやめられないいんだろうなと思う。

あと、自撮り写真の加工はしていなくても、SNSで、自分のことを実際よりちょっといい感じに書いちゃうことは、割とあるんじゃないでしょうか。

私も投稿内容が仕事のことだと、つい”バリバリやってる感”を強めに出そうとしてしまう。
いい仕事をバンバンしてて忙しそうな人って、その忙しそうな感じが更に新しい仕事を連れてきて、逆に暇そうにしてると更なる暇を招くんじゃないかという気がして……。

この辺のことをモヤモヤ考えているうちに思い付いたんですが、
「SNSで自分を大きく見せるような投稿を一回したら、その投稿内の自分に近づくための努力を一つする」
というルールを作るといいんじゃないでしょうか。

冒頭の画像加工女子の場合なら、インスタに加工自撮りをアップする度に、顔痩せマッサージする、といった具合。

理想の自分になるための努力がちゃんと伴うなら、単に「見栄張っちゃったな……」ってことで終わらずに、「なりたい自分の表明」に近づくよね。

#日記 #エッセイ #コラム

------------------------------------------
Twitterアカウント @chiezo2222



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteで全文無料公開中の小説『すずシネマパラダイス』は映画化を目指しています。 https://note.mu/kotoritori/m/m40d21fe59549 サポートいただきましたら、映画化に向けての活動費用に遣わせていただきます!

あんやと~!(地元の金沢弁で「ありがとう!」)
23

何度も読み返したい素敵な文章の数々 vol.7

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。