見出し画像

「人が物語を求める気持ち」は、旧石器時代から続いている

「出版不況は底が見えない。実用書はともかく、文芸は悲惨すぎてお先真っ暗」といった話を、よく耳にします。
「テレビドラマなんかオワコン」と言う人もいます。
どちらにも関わっている私は、
「まあ、そうかもしれませんね……」と、ぼんやりしたことしか言えません。
あれこれデータを並べたりすれば、未来を予測することはできるんだろうけれど、予測はあくまで予測でしかないし、本当に「お先真っ暗」かどうかは、先になってみないと分からない、と思っています。

もちろん、どちらも廃れさせたくないけれど、
「オワコンでも、お先真っ暗でもない!」
と無闇に反論するのは、どうもしっくり来ないんですよね。
どんなにいい物だって、時間の流れの中で廃れてしまうことはあるし、
「廃れない!」
と声を荒げてみても、解決策を見出していない限りは、単に「自分の仕事が失われることを怖れて反発している」ということにしかならない気がするので。

ただ、こんな私にも強く信じていることがあります。
それは「とにかく人は、物語がすごく好きだ」ということ。
新しいメディアが生まれて、古いものが消えていって……ということは、この先も繰り返されていくと思いますが、それでもコンテンツとしての「物語」が消え去ることは、ないんじゃないかと思っています。

最近読んだ松谷みよ子さんの著書『民話の世界』に、こんなことが書かれていました。

 人類が最初にお話を語りはじめたのは、今から四、五万年前、旧石器時代の末期と推定されている。そのころすでに、現在私たちが使っている音節言語(単語を組み立てた言語のこと)は完成していたという。しかしその時代の話は現在残っていない。 その後、月日は流れ、一万数千年ほど前に弓矢が発明された。そのころ人間は、氏族共同体とよばれる集団をつくって暮らしていた。(中略) 集団の名はよく獲れる動物や自分たちの祖先だと考えられる動物の名がつけられ、その動物と自分たちとは親戚関係にあると考えていた。 この中でまず最初に語られたのが動物の話である。彼らは親戚である動物の世界にも人間の世界と同じような秩序があると考え、自分たちの喜びや悲しみ、またこうありたいと思う規律や未来についての考えを、動物の世界に託して語るようになった。これが現在「動物ばなし」と呼ばれているものの祖先である。

なんと「お話」は、旧石器時代にはもう生まれていたといいます。
そして、
「自分たちの喜びや悲しみ、またこうありたいと思う規律や未来についての考えを、動物の世界に託して語るようになった」
という箇所にも非常に驚かされました。
これは、現代の脚本家や小説家がしていることと、ほとんど同じじゃないかと思ったからです。
違うのは、「動物」じゃなく、「架空の登場人物に託す場合がほとんど」ということぐらいじゃないかな……。

自分たちの目の前には、”今、生きている現実”がある。
そして「お話」の中には、”現実とは違っているはずなのに、どこか繋がりも感じる世界”が広がっている。
そこでは登場人物たちが泣いたり笑ったりしていて、「お話」を聞く人々は、語られている世界に憧れたり、希望を見出したり、時には自分たちの現実を顧みるきっかけを得たりもする。
そんな「お話」を聞きたいという気持ちが、旧石器時代から人々の中に芽生えていたというのなら、この先も、そう簡単に消えるはずはないと私は思います。

伝え方がこの先どう変わっていくのだとしても、「面白いお話」を求めてくれる人がいる限り、私はそれをつくり続けたいです。
お話をつくるのが、大好きなので。

#日記 #エッセイ #コラム #エンタメ #コンテンツ
**************
Twitterアカウント @chiezo2222

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteで全文無料公開中の小説『すずシネマパラダイス』は映画化を目指しています。 https://note.mu/kotoritori/n/nff436c3aef64 サポートいただきましたら、映画化に向けての活動費用に遣わせていただきます!

多謝!(広東語で「ありがとう!」)
71

中川千英子(脚本家)

脚本家。石川県金沢市出身/清泉女子大学文学部卒。芦沢俊郎シナリオ研究塾にて作劇を学ぶ。【主な作品】映画「きょうのキラ君」、ドラマ「ホテルコンシェルジュ」 、NHK朝ドラノベライズ「マッサン」「べっぴんさん」。2019年以降、映画「10万分の1」公開!新作落語も書いています。

ドラマの裏側・映画の裏側

ドラマや映画制作のちょっとした裏話、脚本家・中川千英子の作劇への思いなどをお届けします!
1つ のマガジンに含まれています

コメント6件

マーケティングの世界にも、ストーリーマーケティング・ブランディングというのが浸透してきてるくらいですし、神話の法則が人類のDNAに刻み込まれているので、物語やフィクション小説とか映画・ドラマ・演劇自体がすたれることはないと私も感じております。

紙の本という形で続くのかどうかというのはあるかもしれませんが、電子書籍やそれをもっと超えた新しい媒体でも物語はどんどん新しく作られ、語り継がれていくでしょう
光速エンジニアさん コメントありがとうございます! そうですね。「民話」だけじゃなく「神話」も人間の体に物語が刻み込まれている証拠ですね。そう思うと「続けて行こう」という勇気が湧いてきます。
近所に若手の活弁士さんがいて、先日無声映画を観てきました。満席で観ている人が目を輝かせて昔の映像と活弁を楽しんでいたのを思い出しました。

その物語に、ひとときの夢を見させてもらっているような時間でした。
tenfuji3さん 素敵な経験をされたんですね。サイレント映画がトーキーになり、3D、4Dの映画が生まれて、この先も今の私たちが知らない形の映画が生まれてくるのでしょうが、観客のワクワクする気持ちは、ずっと変わらないですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。