スクリーンショット_2019-08-04_12

ヒカル(Hikaru)さんの最近の動画見て思ったこと

https://www.youtube.com/watch?v=2IymO1E4mgM

・一般人でも芸能人でもない
・本気度、勝負心
・制作チーム
・お金の回し方
・リスクの理解
・本音で向き合う、顧客との信頼関係の構築
・YouTubeチャネルの特性理解(UX)
・コンテンツの最適化(UX)
・分析含むPDCA
・熱量あるファンとの交流(ペルソナ)
・戦略、マネタイズ設計

企業のとってるサービス設計、コンテンツマーケと何ら変わらない。
芸能事務所、プロダクションが個人にここまで投資できない中、365日稼働できる強さがある(長所の磨き上げ)。
直でマネタイズできる分、周囲のチーム含めポテンシャルも本気度とリンクしてる。
プロデューサー的な戦略思想のある人じゃないと難しい。
能力だけで売ってきた今までの芸能人とはそもそも要求される能力が違う。
カジサックも動画撮りながら頭で編集は完了してると言ってたけど、それはプロデューサーやディレクターを兼業してるという意味。
顧客対応(炎上含め)もしてるからカスタマーサービスをしてるとも言える。
価値や信頼が移行してきてるから、勝てる人と勝ちにくくなってく人が露骨に別れていく。
チャンスが来てると考えるか、追い込まれてきていると考えるか…ゲームメイクの境界線。

#ヒカル #youtuber

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

佐藤セイイチ

デザフェス役員→Web系フリーランサー、1児のパパ。デジタル戦略・デジタルマーケ・Webデザイン・写真・動画制作が主な仕事です。新規事業の立ち上げからWebプラットホーム、マネタイズ、UXデザインまで、お気軽にご相談下さい。https://kotowari.tech/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。