料理人が考えるマーケティング

マーケティングって何?と言った感じなのですが、自分が考えて行動して来たことはマーケティング目線だったらしく、多くの人にその事を言われました。

なぜそうなったかを考えてみると、今まで自分の料理を含め多くの商品を作って来たからだと思います。僕がミスターチーズケーキに至るまで、作ってきた多くの商品をもとに考えていきます。

先ず前提としてどんな風に料理人の修行をしてきたか、から話をします。



シェフはレストランだけで働くわけではない

僕は自分がシェフになるまで働いてきたレストランで、多くのことを学びました。一番はやはり料理のことですが、それ以上に大きく学んだことは『レストラン以外でも仕事をすること』です。

レストランといえば、とにかく修行のイメージだと思います。場所によっては他のレストランに食事に行く事を制限し、ひたすらそのレストランの事だけを叩き込むところもあるそうです。

実際問題給与も少ないので、娯楽にお金を回すこともできないし、ひたすらに料理の事を考えるしかありません。しかし僕は少し違いました。

僕が働いてきたレストランのシェフはほぼ全てレストラン以外でも仕事を持っていました。それは有名企業のメニュー監修やアドバイザリー契約だったり、TVで料理コーナーを持っていたりと多種多様です。

これはそのシェフの強みごとに違っており、自分に合わせた仕事の取り方をされていました。ただでさえ大変なレストラン経営の他に仕事をする。それが僕の中にもベースであり、自分なら何が出来るかは常々考えてきました。

味覚で商品の良し悪しの判断をする人、キャラを活かして外に出て行く人、仕組み作りで料理を改革する人。本当に様々です。フランスのミラズール(今年世界のレストランランキングで世界一位)は南仏でレストラン、パリでビストロ、アルゼンチンでハンバーガーショップ、北京のシャングリラホテルでもダイニングをやっています。

この様に拠点を持ちながらも他の能力を活かしながら仕事を作る。これは自分にとっても必須な能力だと感じながら10数年働いてきた。だからそもそもレストランだけをやる感覚はなく、その為に必要な仕組み作りや自分の能力の客観視は必須だった。

そんな中シェフになり最初に手掛けたのはノンアルコールドリンクだった。



この続きをみるには

この続き:3,800文字
記事を購入する

料理人が考えるマーケティング

田村浩二(タム3)Food Expander

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様の優しさに救われてます泣

そのスキが僕の原動力!
23

田村浩二(タム3)Food Expander

チーズケーキで世界を変える。食の様々な可能性を未来へ拡げるお仕事をしています。天秤座のAB型。Mr.CHEESECAKE https://amzn.to/2KaDK5d

料理人デザイン思考~個人で生き抜く働き方改革~

曜日や時間、場所に捕らわれずに料理を自由に表現するためにレストランを辞めた料理人の働き方を変えていく奮闘記。 これから増えていくだろう料理人個人での働き方やブランディング、価値の作り方などを綴ります。 また料理人思考的な経営視点や世の中に対する課題解決など、持続的でエシカル...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。