美味しい野菜炒めに必要な『ほんの少しの塩』の話。

昨年末こんなツイートを見かけた。

舞茸だ。ただの舞茸。料理をする人から見たら何を言ってるの?分かるでしょ?っと思うはず。僕もこの時は『タカヤ・オオタまた悪ふざけか』と思っていた。(お会いした事ないのにごめんなさい)これくらい誰でも知ってるでしょ?と。そうゆう前提で生きていたから、今まで僕はツイッターで色々なレシピをツイートしてきた。

どれも分量書いてあるし、難しい作業もないから『役に立つ知識』だと思い込んでいた。勿論料理を好きでやっている人には簡単に分かる。でも、そもそも料理をやらない人には共通言語がない。そんなのは当たり前のことで、例えば音楽の楽譜。学生時代に勉強したとはいえ、僕は多分ほとんど分からない。Macの使い方だってろくに分かってない。21世紀だけど。英語だってなんとなくしか知らない。

なのに、何故料理はみんな分かると思ってしまったのか?毎日口にするものだから?身近なものだから?自分が仕事にしていて当たり前だからか?これは大きな勘違いだった。料理って身近な様で全然身近じゃなかった。でもやってみたい人は沢山いる。でもこんな事聞いたらバカにされるかな?とかみんな当たり前に知ってそうだから聞けない。という人が多い気がする。

僕はラフにツイッターをやっているつもりだけど、やはりシェフという肩書きが邪魔をしていて聞き難いらしい。だったらもっとみんなが聞きたいけど聞き難いことを発信していったら良いんじゃないかと考えて、昨日ツイートをし、今noteを書いている。少しでも多くの人に役立つものを書いていければなと思います!


レシピ本は本当に役に立っているのか?

世の中には本当に沢山のレシピ本がある。簡単なものからプロ向けのものまで様々だ。なるべく簡単に作れる様にシンプルに書いてあるが、そもそも共通言語がない人からすると中火って何?小さじって何グラムなの?家のティースプーンで良いの?人参中サイズってどのくらい?の様に謎ばかりだ。

料理に慣れている人は自分の経験値から最適解を自分なりに導き出して料理を作っていく。自分なりの方程式を持っているからだろう。

ではそうじゃない人達は何を基準に料理を作れば良いのだろうか???

レシピ本って問題集の様なもので、問題とその答えが書いてある。(肉じゃが、その作り方と完成形)例えば数学なら解き方に加えて解くための方程式も書いてある。それが共通言語となり、皆が同じ様に答えを解いていく。

でも料理にはその方程式が圧倒的に足りてない。

『野菜を茹でる』

この言葉の中には様々な要素が隠されている。塩はどれくらい入れるのか、お湯の温度はどれくらいなのか、何分何秒茹でるのか、お湯に対してどれくらいの野菜を入れれば良いのか。野菜を下ゆでしておく、としか書いていなかった場合何をどうすれば良いかはほぼ情報がないと言える。

では何が必要かというと、料理の前に調理技術の共通認識を作る必要があると思うんです。勿論それが正解なわけではなく、基準を作りたいだけ。みんながある程度の基準が持てると応用や発展がきくようになる。


今回で言うならば、美味しい野菜炒めに必要なことはなんなのか。僕はたった3つの事を知るだけで誰でも美味しい野菜炒めができると思っている。少しづつ解説していこう。

この続きをみるには

この続き:5,336文字/画像44枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
今までの定額マガジンのレシピをまとめました! 平成最後なので大特価です! ゴールデンウィークのお供に!

レシピ特集

1,000円

過去のレシピをまとめました!

または、記事単体で購入する

美味しい野菜炒めに必要な『ほんの少しの塩』の話。

田村浩二(タム3)Food Expander

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様の優しさに救われてます泣

そのスキが僕の原動力!
162

料理人デザイン思考~個人で生き抜く働き方改革~

曜日や時間、場所に捕らわれずに料理を自由に表現するためにレストランを辞めた料理人の働き方を変えていく奮闘記。 これから増えていくだろう料理人個人での働き方やブランディング、価値の作り方などを綴ります。 また料理人思考的な経営視点や世の中に対する課題解決など、持続的でエシカル...
8つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。