蒲郡7R

市川選手のイン戦。
ここまで上位足との差は目立ったけど準優組のいないレースなら見劣りはしない。
ターン系統も良かった!

逃げから誰を軸にするか?
磯部選手は新ペラになってから気配落ちして戻してきてる。
ただ攻め手にはならなさそうで差しに構えて。
福嶋選手が捲り差して、山田選手が最内。

展示は山田選手が良かったけど磯部選手が差しに構えて、大外から最内差しでは少し遠いか…?

本命
1-34-3456
で34-346メイン

抑え
34-1-6

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。