見出し画像

誇れるもの

 四年が経った。3月11日。あの時、俺は茨城県牛久市の住宅街にいた。
 まず、地鳴りが聞こえてきた。
 外にいたので、航空機の音だろうと、最初は思った。
 しかし、その音はいやにながく、遠くから響き、不気味に耳にこだました。
 不快な重低音が、空気を、辺りを震わせていた。
 次の瞬間、大地が激しく横に移動した。
 地震だと気付き、その場で、足に力を込めて踏ん張った。立っていられないというほどではなかった。
 次の大揺れはすぐにきた。この地震の震源地がもしも首都圏だったら、日本はとんでもないことになるぞ。揺れの中で思った。視界の端で、路上駐車の四トンダンプカーが、トランポリンで遊ぶ子どものように弾んでいた。

 大きな震災のたびに、日本ではなぜ暴動が起きないのかと、海外メディアは驚き、瞠目する。阪神淡路大震災の時もそうだった。
 スーパーでは、食料品を買い求めに来た人々は、皆、整然と列にならび、停電でレジが動かなくなってしまうと、商品を棚にもどし、静かに店をあとにした。
 日本人には、この素晴らしい民度の高さがあり、これは胸を張って世界に誇れるものだ。世代をこえて大切にしていかなければならない道徳精神であり、これからも、災害が起こるたびに、その輝きは増すだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

ท่านชาย

Every word I write is a lie, including ‘and’ and ‘the’

世の中、いろんな事があるよね。

コメント2件

うちのエリアも停電と断水になり、一時パニックになりましたよ。
近所のコンビニは店長が機転をきかせて、現金のみでなら販売できますとの事で、レジの店員さんは慣れない電卓を打ちながら対応してました。真っ先に水とお弁当コーナーが空になっていてそんな光景は初めてだったので不安になりましたよ。自販機も使えなくなるし・・・
ちょっと違った現実を見ている人もいるようですが、それはそれとして、日本の人は我慢強いですよね。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/11/311-for-the-historian_n_6845278.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。