こうさん (変革の当事者 代表)

旧態依然とした大きな組織で、自分の本来持っている力を発揮し、お互いを認め合い、活き活きと生きがいを持って働く事は出来ないものか。 理屈ではなく、あくまでも現場目線での経験に基づく考察を続けます。
固定されたノート

今年(2018年)に45歳を迎えたことの意味

極めて個人的な内容ですが、気持ちの整理をしたく、記しておきます。 1.45歳を意識し始めた2年前 2年程前から、45歳と言う年齢を意識するようになりました。 きっかけ...

0

いいじゃないか、不器用な生き方で。(ジョージ・バーナード・ショーさんの言葉に救われる)

世の中には、周りの環境に器用に合わせられる人と、そうでない人がいるように思います。 私は明らかに後者のタイプです。 そのため、所属する組織から疎外されたり、あか...

0

『私にはこの会社を守る義務がある』 という詭弁

この夏休みを利用して、Amazon Primeで以下のドラマを一気に見ました。 『しんがり 〜山一證券 最後の聖戦〜』 『空飛ぶタイヤ』 いずれも、大企業の不正が暴かれていく...

0

人に、希望を与えられる人になりたい  (“これから”が“これまで”を決める。②)

社会(会社・組織)で生きていく上で、なんらかの悩みを抱えていたり、悶々とした思いを抱きながら過ごしている人は多いのではと思います。 人の悩みのほとんどは、人間関...

0

我々、中高年サラリーマンは、この先どう生きていけば良いのか。(“これから”が“これまで”を決める。)

ただ、目的もなく最低限の生活を送りたいだけなのであれば、答えは簡単で、全ての私欲を手放し、組織にしがみつけば良い。 しかしその代償として、ただ命令されたことを忠...

0

『人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。』(本田宗一郎)

しばらく体調が冴えない日々が続いてます。熱を出して会社を休み、復帰したものの治りが遅く、まだ喉の奥がイガイガしております。 体調が冴えないからネガティブな発想に...

0