見出し画像

Vueのプロジェクトを作成し、Netlifyで公開するまで

Vue.jsやってます。今回はVue CLIにてVueのプロジェクト作成し、GitHubにソースアップして、Netlifyでサイト公開するまでの流れをまとめました。
ある程度慣れてくれば、15分くらいでできるのではないかと思います。

前提
・Vue.jsの知識が少しでもあること
・GitHubアカウント持っていること
・Netlifyアカウント持っていること

それでは始めます。

Vue CLIにて Vueのプロジェクト作成

下記にてインストール

npm install -g @vue/cli

プロジェクト作成

vue create project-name

ディレクトリ移動

cd my-project

プロジェクトスタート

npm run serve

これでvueが立ち上がる。

↑の場合。『http://localhost:8081/』にアクセスするとVueの画面が開きます。

以上です。

参考:

GitHubにソースアップ

作成したVueのソースをGitHubにアップします。

GitHubにログインし、新しいリポジトリを作成します。

リポジトリ名を入力し、「Create repository」をクリックします。

コマンドラインでVueのプロジェクトに移動し、下記実行します。

echo "# newrepository" >> README.md
git init
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/KoushiKagawa/newrepository.git
git push -u origin master

これでGitHubに新しいリポジトリが作成され、ファイルがアップされました。

以上です。

参考:


Netlifyでデプロイ

ここからはNetlifyにログインしていること前提で進みます。

「New site from Git」をクリックします。

「Continuous Deployment」より「GitHub」をクリックします。

連携可能なリポジトリが表示されるので、連携するGithubを選択します。

デプロイ設定画面が表示されます。

今回は下記の通り設定しました。

Branch to deploy:master
Build command:npm run build
Publish directory:dist

設定完了したら「Deproy site」をクリックします。


以上で対応完了です。初回はビルドに時間がかかるので、完了するまでしばし待ちます。

完了すると、URLが発行されるのでクリックするとサイトが表示されます。

以上です。

今後は、Githubでmasterブランチにpushされると自動でNetlifyにデプロイされます。

参考:



ということで以上です。GitHub Pagesでのデプロイも楽でしたが、Netlifyもめちゃめちゃ楽でした。

お疲れ様でした😃

併せて読んでほしい↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます!『スキ』を押してもらうと、長野県松本市のおすすめカフェを紹介します!

『ナカマチ カフェ』スフレパンケーキが絶品!
6

Koushi Kagawa 😊

Res, Inc. / Web エンジニア担当 / Laravel / PHP / MySQL / Nuxt.js / Vue.js / Contentful / Netlify / Drupal / Wordpress / が出来ます。

Web開発日記

Webサービスを作るにあたっての個人的メモ
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。