なっかん

学んだことや気づいた事などをノートにメモ的に残しています。個人の完全な趣味で活用しているだけですが興味があれば是非。

自分を変えるために何が必要か

もし自分を変えたいと思うならそこには「必要性」が大事になる。

人は必要性が無ければ変わることが出来ない。なぜなら変わるだけの必要性が無いからだ。当たり前のことだけど意外とこのことに気づかないことが多い。

自分を変えたいと思うなら

必要性があれば変わることが出来る。そしてその必要性をどうやって生み出すのか?またどうやって認識するのか?が大事になる。例えば「異性からモテたい」と思う人は多いだろう

もっとみる

こうして日本は令和に突入した

今回も日本の歴史を紹介していく。

1960年代後半には学生運動が過激化し反日テロと言えるような抗議が増えていた。

学生達は造反有理の考えで反乱こそ正義だと主張し多くの人間が政府の在り方に意を唱えたという。

強烈に芽生え始めた反戦思想

この頃はベビーブームがあったので子供達が非常に多くその子供たちが学生運動に参加した。それは日本だけではなく世界中で若者を中心に大きな抗議運動まで発展していくこ

もっとみる

日本人の凄さを見せつけ完全復活を果たすまで

今回も日本の歴史を紹介していく。

第二次世界大戦の後ソ連は東ヨーロッパを飲み込み無理矢理、あらゆる国を共産化していく。

1949年に中国では毛沢東が中華人民共和国を新たに作った。

冷戦の始まり

朝鮮半島では南をアメリカが北をソ連が占領した。

1948年には韓国と北朝鮮がそれぞれ誕生している。東ヨーロッパや中国と朝鮮の共産主義の影響により資本主義のアメリカとの対立が起こり冷戦が巻き起こるこ

もっとみる

戦後の日本で何があったのか

今回も日本の歴史を紹介していく。

第二次世界大戦が始まり日本はアメリカとの戦争になるが徐々に疲弊していきその戦いは絶望的な状況にまで陥った。

日本人の決死の闘い

1944年には日本はフィリピンにてアメリカ軍を迎え撃ち人類史上初の航空機による自爆攻撃を行った。

それが神風特攻隊である。

神風特攻隊の作戦はフィリピン戦だけの限定的な作戦であったがその作戦が思った以上の功績を挙げたので通常の作

もっとみる

歴史上最悪の悲劇・第二次世界大戦

今回も日本の歴史を紹介していく。

1937年頃になると日中戦争が過激になり歯止めが効かない状況になっていた。日本は軍隊を進軍させ中国を追いやるが中国ではアメリカやロシアから援助を受けて戦争を長引かせる策をとっていた。

第二次世界大戦が開戦

1938年には戦争を早期に終結させるための法律として国家総動員法というものが誕生する。

それは戦争時には国家が国民を招集することができ、国民は国家の命令

もっとみる

悲劇の終わりは始まりに過ぎなかった

今回も日本の歴史を紹介していく。

第一次世界大戦が終結し1919年にパリで講和会議が開かれた。

アメリカ・イギリス・フランス・日本・イタリアの五大国が参加してここでヴェルサイユ条約が結ばれることになる。

悲劇の種と広がる民主主義

それはドイツに対して植民地の全てと一部の領土が奪われしかも報復措置として国家予算の25年分の莫大な賠償金を請求するものだった。

この条約をキッカケに第二次世界大

もっとみる