武士道からくる日本人の責任と誇りへの考え

武士道精神は今の日本人にも通じるところがあり現代人の根底に深く染み込んでいるモノがある。

その最も特徴的なモノが「切腹」だ。


切腹とは何か?

切腹とは実は武士の名誉であり武士なりの責任の取り方だったのだ。武士道では忠義を尽くすことを何よりも重要視する。そしてその忠義を示す最も特徴的な行為が切腹なのだ。

切腹することで君主の前で命を落とすことになる。その生き様こそが武士にとって最も名誉ある行為だったのだ。

戦の中で君主の前で死ぬことはあまりない。

しかし切腹であれば自分が仕える君主の前で死ぬことが出来る。君主のために命を捧げ忠義を示すことは武士には有難いことだ。なぜならそれこそが最大限の忠義を示すことを意味するからだ。

だからこそ切腹は武士にとって最も名誉な行為とされていた。

元々、江戸時代には心は腹に宿ると思われていてその腹を切り裂くことで邪心が無いことを証明するのが切腹の意味合いだった。

だからこそ当時の武士は切腹することに大きな意義を感じていたのだ。

「切腹」と聞くと犯罪を犯した者に与えられる最悪の罰のような感じがするが実際はその逆でむしろ光栄なモノだったと考えられている。

武士にとってこれほどありがたい最期は無いのだ。

そして切腹には忠義を尽くすという意味合いともう一つ大きな意味がある。それは「責任」を取り全てを終わらせるという意味だ。


武士なりの責任の取り方

例えば戦で負けて君主の顔に泥を塗ったとしよう。

この時に誰かが責任を取らなければならない。

なぜなら勝てない戦に参加して君主の顔に泥を塗り多くの犠牲を払ったからだ。だから責任を取る必要がある。この時に戦に参加した人間全員を打ち首にしてしまうとどうだろうか?

確かに責任の取り方として一つの形ではあるが好ましい形ではない。戦に負けた後も君主に仕えて活躍してもらう必要があるからだ。だからと言ってこの件に関して無罪放免にすることも出来ない。

以後このような過ちを犯さないように気を引き締める必要がある。

だからこそこういう時に必要になるのが「切腹」だ。

誰か代表者を一人選んでその人間が切腹をすることで問題の全てが解決するのだ。戦に参加した人間全員に罰を与えることは出来ない。しかし罰を与えて見せしめを作らないとまた他の誰かが同じミスをする。

だからこそ代表者を選び切腹することで秩序を保ったのだ。

代表者が切腹することで他の人間が罪に問われることもなくそして他の誰かが後に暴走することを止める事もできる。切腹とはそういう秩序を生み出すために必要な行為だったのだ。

最小限の犠牲でより多くの人間が助かる方法が切腹なのだ。

切腹は確かに自己犠牲であるが自分を犠牲にすることでより多くの人間を助けるという意味合いもあるのだ。

例えば会社であるプロジェクトがあったとしよう。会社の命運をかけて多くの資材を投入したリスクのあるプロジェクトが始まった。しかし結果は惨敗に終わりそのプロジェクトは失敗し会社は多くの赤字を生み出してしまった。

さて、こうなると誰かが責任を取らないといけない。


自己犠牲により他人を生かす

プロジェクトに関わった人間を全てクビにするのか?それとも上司が一人で全ての責任を取り会社を辞めるのか?と言われるとまだ後者の方が全体を考慮すると傷が浅くて済む。

だから上司は一人で全ての責任を取り会社から居なくなる決断をするのだ。

これはかっこいい上司として美学に感じるところはあるだろう。まさにこれが切腹であり切腹とは全体を生かすための必要な行為だったのだ。今の時代でも家族の為や会社の為そして国のためにとより大きなモノのために努力する人間たちがいる。

これは自己犠牲の精神ではあるがこの精神性があるからこそ家族や会社そして国が上手く循環するのだ。

誰かが犠牲になるから誰かが生かされるのだ。

そうやってこの国は秩序を保ってきたし武士道精神とは秩序を生み出すために必要な精神性でもあると言える。

ただこの忠義を尽くす精神性が明治以降の国際的な戦争では悪用されてしまった。「お国のために死ぬことが良いことだ」と言う考えを植え付けられてしまい無駄な自己犠牲が後を絶たなかったと考えられている。

なので自己犠牲の精神は時に破滅を呼んでしまう考えではある。

しかし同時に社会の秩序を保つために必要な精神性でもありテクノロジーが発展するまでは誰かが犠牲になるしかない時代は続くだろう。

その犠牲によって秩序が生まれ生かされているという現実は理解しておく必要があるように思う。

だからこそ武士道精神とは深くそして意義のある精神だと言えるだろう。

では今回はこれで以上
一つの意見として参考にしてほしい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
3

なっかん

学んだことや気づいた事などをノートにメモ的に残しています。個人の完全な趣味で活用しているだけですが興味があれば是非。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。