コミュニティプロデューサーという職業

少し前の記事ですが、コルク佐渡島さんの記事に、非常に多くの共感と学びがあったので、少しだけ自分なりにまとめたいと思います。
記事の内容を一部抜粋すると、これからは複数のコミュニティに所属することが当たり前になるということ。

(引用)「今までコミュニティに帰属するとしても、家族、会社、あとは地域くらいのものでした。今後はプラス2~3個のオンライン型コミュニティに入ることで、合計5つくらいのコミュニティ帰属することが当たり前になるのではないかと思っています。」

http://www.sensors.jp/post/corklab-sadoshima.html


一つの会社に所属する形から、複数の会社、もしくは複数のコミュニティを持つ。そのような働き方は今後もさらに加速していくということ。
となると、コミュニティを作れる側の人、いわゆるコミュニティプロデューサーの役割が価値を高めていくわけですね。これはロボットにはできない仕事であり、今後需要が増していくということです。


ではコミュニティづくりにおいて何が重要なのか

個人的には以下の2点ではないかと考えています。
(他にもいくつかの要素があると思いますが、自分自身が実際に実行しているところ、という点も含めてピックアップしました。)

1. 多様性を尊重した空間であること
2. 全員作り手であること


1. 多様性を尊重した空間であること

「多様性」
様々な本やニュースでも言われていると思いますが、"みんな一緒"という時代から"個性が尊重される時代"へと変化しています。


そこで重要だと感じるのが、それぞれの個性を尊重し合える空間であること。一つの趣味で絞って、●●に向かってみんなで頑張ろう。という形ではなくて、それぞれやりたいことがあって、みんないい意味でバラバラで方向性が違う。ただ、その中で共通のテーマがあるということが大事ではないかと思っています。

例えば、「起業したい」という起業家思考の人の集まりではなく、「挑戦」というざっくりとしたテーマの元、それぞれの夢に向かって各自頑張るということ。起業家、漫画家、アーティスト、教員、フリーターなど様々の職種の人が様々な場所から集まっている状態。

その中に何かしらの共通点があることが必要であり、例えば「同世代」など。

肩書きや職業で絞らず、多様性を大事にして、それぞれの挑戦を互いに応援している状態が出来上がると、刺激のあるコミュニティになると考えています。自分の知らない世界に人は新たな刺激を感じるものであり、だからこそ多様性が重要ということです。

さらには分野が異なれば、「協力」ができる。何かのWebサービスを作るためには、開発するためのエンジニアや、使い勝手のいいインターフェースを作るためのデザイナーや、広めるためのマーケター、あるいは売るための営業マンが必要です。そういった背景の異なる人が複数いる状態であれば、そのコミュニティ内だけで何かが生まれる可能性も高くなり、良い協力体制が出来上がると思います。(競争ではなく、協力ということですね。)
つまり、それぞれの分野から手を貸しあって、何か1つのものを作れるコミュニティが重要ということです。


2. 全員作り手であること
 
盛り上がっているコミュニティを見ていると1つの明確な共通点があり、それがまさに上記の「全員作り手である」という点です。
今は入っていないですが、堀江さん主宰のコミュニティ「HIU」はまさに全員でフェスを作ったり、メンバーが合宿やカフェ運営をするなど、運営者とメンバーの境界線が曖昧であり、全員メンバー、全員運営者、という形です。
また、キングコング西野さんのコミュニティを見ていても、ロゴのデザインをメンバーが作っていたり、仕事のオファーを受けるか受けないかもメンバーが決めたり、一緒に町を作ったりしています。まさに全員が作り手、あるいは参加者になる工夫が多数されています。


カリスマがいなければコミュニティは作れない?

ただ、一つ引っかかるのは上記の2つのコミュニティには圧倒的なカリスマが存在するということ。これもまた多くのコミュニティでの共通点でもあります。


一方で、この部分は必須ではないと個人的には考えており、「弱点が多い人」や「何もできない人」でも実現できるのではないかと思っています。むしろカリスマがいなくてもコミュニティは作れるということを証明していきたいなと思っています。

個人的には、MOA大学という社会人向けの学校を通じて、コミュニティ作りにもチャレンジしています。ちなみにMOA大学では、社会人1~3年目だけを絞ってあとは全く制限をかけずに、「挑戦を全員で応援する場」という少人数のコミュニティを作っています。

最近ではメンバーが記事を書いてメディアを運営したり、カメラマンとして写真を撮ったり、空間づくりをこれまでやってきた人たちが特別講義の運営メンバーとして動き出すなど、徐々にですが全員メンバー、全員運営者の実現に向けて動いています。

まとめ

・コミュニティを作る側の価値が高まっている
・コミュニティ作りにおいて重要だと考えているのが、多様性を重要視する空間と、全員作り手になること
・結論、まだまだ試行錯誤中なので、引き続きコミュニティ作りについてこれからも勉強をつづけていこうと思います。


(twitter : kouya5724)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

今田孝哉

コミュニティファースト

コミュニティについて考える
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。