高野慎之介

あーグダグダとぐだぐだと。50の坂はのぼりかくだりか。酔いどれ踊る夏の狂想詩

恋する50男のおバカな風景-5

◆「もっと夢をみませんか」

三千円で買った欲深き兵どもの野望は、
たいした労力も必要としないまま、
はかなくも夢の跡的結末となる。
夏草に覆われた井戸に落っこちた、蝉の脱け殻のような十枚入りの封筒。
いつのまにか忘れられ、
引き換え期日も過ぎた頃、薄笑いを浮かべて現れる。
「またお会いしましたね」
次へとつなぐはずの三百円分の引換券は、単なる一枚の紙切れ。
三千円まるまる損の完敗である。

もっとみる

恋する50男のおバカな風景-4

◆夢見ていることは違うでしょうか。

宇宙の話は規模がでかい。
地球からそう遠くない、わずか40光年。
ダイヤモンドだらけの星。
といって超大金持ちが存在する可能性はない。

せっせ、せっせと地球に運び込み、あれやこれやをダイヤモンドに。
「透明で鋭い奴!サメにも負けない咬みごこち、キラーン」
ダイヤモンド入れ歯とか。
冗談でも噛めない、あなたの小指。

もっとみる

恋する50男のおバカな風景-3

◆それより、いま大事なのは、
そろそろサビだということ。

きらびやかな街の光。
夢心地な魂は、ふらりふらりと吸い込まれてゆく。
色とりどりの嬌声にかこまれ、
歌へ踊れ朝まで弾ける刹那の快楽。
後悔はうすうす、でも気づかないふりで、
おかまいなしの狂宴はつづく。
枯れた喉、虚ろな瞳、にやけた口元、ふらつく姿勢、
それでも握りしめている。
ゴールドに光るこの一本。
あーこの街でこの時を。
歌へ青春の

もっとみる

恋する50男のおバカな風景-2

◆ほほ寄せ呼ぶ名は淡い恋。

そのチラッと見える胸元が素敵なんです。
とってもエロくて悩ましい。
その真剣な表情が素敵なんです。
ただただ見つめていたい。
愛しすぎて離れられない。
あなたが注ぐその一杯。
クラッとします。

もっとみる

恋する50男のおバカな風景-1

◆勝手にライバルと思いけり。

純情すぎる酒場の恋。
ボトルを1本空にして、また1本。
ニューボトルで恋が深まる?
ズラッと並ぶ、恋が並ぶ。
ボトルの名前は伊達じゃない。
どんと一本、輝いている。
嫌みにならない庶民のブランド。
常連様の指定席。
長い年月、繁く通う一本道。
過半数超え絶対安定多数。
がっちり恋を守りましょう。
我らのマドンナ。
口説いてふられて平和な日々。
叶わぬ恋にお酒がすすむ

もっとみる