分類できない記事

Evernoteを使うようになってから一週間ほどが経つ。

魅力に気づいて以来、ネットで見つけた記事をWebクリッパーで保存して、記事のテーマごとに分けられたノートブックに分類したり、読み返すことがないと判断すれば削除したりという作業が日課になっている。

しかし、ここ2日ほど悩んでいることがある。

「分類できない記事」の存在に気づいたのだ。


私のEvernoteにある「Webクリッパー」というスタックには、保存する記事のテーマごとに20弱のノートブックがある。Evernoteを使い始めた頃はここまで細かく分ける必要は無いだろうと思っていたが、意外なことに今では少ないものでも30前後の記事が保存されたノートブックとなっている。

そして今悩みのタネになっているのは、Webクリッパーで保存した記事が分類前に一旦保存される「未分類」ノートブックだ。とりあえず保存してあとで読む、という使い方なので、まだ読んでいない記事が集まる場所とも言える。

今そこには80を超える記事が保存されているのだが、その中にまだ読んでいない記事は、ひとつもない。

これらの記事が「分類できない記事」だ。

今あるノートブックでは該当する分類が見つからない。新しいノートブックを作ればいいじゃないか、と思われるかもしれないが、その記事を保存するノートブックにどんな名前をつけていいのかすら、わからない。

とにかく一言でまとめるのが難しいのだ。ジャンルやテーマなど、そんな概念にはとらわれない。ひとつひとつの記事が独自の世界を持っている。そんな記事に数多く出会った。

これらはどう分類するべきなのか。それとも分類などすべきではないのか。

気に入った記事をあとで読み返しやすいように分類をしていたのだが、そんな枠には収まりきらない記事もたくさんあるようだ。

私は、なんとか分類してやろうと半ば意地になって、ひとつひとつを読み返してみた。

それでもできなかった。

そして理由は分からないが、自分もそんな記事を書いてみたい、と無性に思った。

分類されない記事こそが良い記事なのかは分からない。そもそも良い記事とは何なのかも分からない。ただぼんやりと、「分類されない」ことに得体の知れない魅力を感じた。


私の書いた記事が誰かのEvernoteに保存される日がいつ来るのかは分からない。もし仮にその日が来たとして、その人が私の記事をどう分類するのかも見当もつかない。「意味不明」「苦笑」「イタイ若者」というようなタグをつけられたりするのだろうか。いや、そんなことをするならまず保存をしないか。

これから先、どんな場所で、どんな人に対して、どんな記事を書くことになるかは分からない。

ただいつの日か、誰にも分類できない記事を書いてみたい。

といいつつ今からこの投稿を「雑記」というマガジンに分類する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。 ご支援いただいたお金は「美味い飯と酒と、それに合うもん」に使わせていただいております。 そんな無駄遣いに、ご協力いただけると幸いです。

1

吉田 コウ

雑記

書きたいことを書いているだけの記事です。

コメント2件

分類できないけどとりあえずストックしておきたい文章、私は「interesting」としています。名前は付けられないけど色んな意味で興味があるから溜めているわけだし、と自分に言い訳をしつつ、どんどん溜まって行くinteresting……笑
> 下北沢エンデさん
コメントありがとうございます。
「interesting」すごくしっくりきました。自分の興味・関心に素直な分類の仕方ですね。
分類できない記事が溜まっていく感覚、Evernoteの使い方としては少し想定外でしたが(笑)、僕はすごく好きです。掴みどころのない人が放つ魅力と似たものを感じます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。