京都フォト通信

スマートフォンの普及によって、人々は写真でお喋りするようになった。お喋りに写真が必要になってしまったのである。写真は今や芸術ではなく、人々の生活を粉飾する道具に過ぎない。