へろへろと


    へろへろと配給されたものを啜りながら飢えを満たした。
 噛みごたえのないものをへろへろと啜る。隣でも同じものをへろへろと啜っている。あちらでもこちらでも、へろへろ、へろへろと音がする。
 表の闇には長い行列ができている。同じぼろぼろの帽子をかぶった者たちが、物も言わずに並んでいる。
 へろへろと啜っているうちに、へろへろとしたものはあっけなく終わりになった。わたしは配給所を立ち去り、外の闇に出た。無言の行列は際限なく続いている。最後尾はどこか、見当もつかない。
 こうして歩いていけばいいのだろう。行列はいつか途切れる。またそこに並ぶことができる。そう思いながら、帽子だらけの廃墟を、もう明けることのない夜を、わたしはへろへろと歩いていった。

(『ふるふると顫えながら開く黒い本』より)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ミーコ姫

倉阪鬼一郎散文詩集

まぼろしの三詩集『ふるふると顫えながら開く黒い本』『だれのものでもない赤い点鬼簿』『何も描かれない白い地図帳』から。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。