狐面の製作

雑メイキング有り。

一昨年からひとつずつ、気が向いたときにぼちぼち作っているものです。

これが一昨年のもの。

文化祭で付けて歩くのですが、一昨年までは弓道部員だったので袴に狐面でした。
わりと好評だった。

ちびっこは、狐さん!!と手を振ってくれる子と、イヤァアって泣く子にわかれます。

では、需要は無いかと思いますが、去年のもので雑にメイキングを。

*主な必要なもの
・紙粘土
・厚紙
・紙やすり
・ジェッソ
・絵の具(水性じゃないやつ)
・ニス

ジェッソ(下地剤)とスプレーニス以外百均で揃います。

厚紙で適当に型作り。
目分量で大雑把です。
ぺたぺたしてそれっぽい形になればok。

一応型を外しやすいようにアルミホイルを被せます。

その上から紙粘土をぺたぺたして、1日ほど放置。
乾いたら型から外して、割れたところはボンドや紙粘土で修復。

その後、粗い紙ヤスリでゴリゴリ削っていきます。
ある程度形が出来たら、水で溶いた紙粘土を塗って整えると…

こんな感じに。
スベスベです。

目と口をカッターで適当に開けます。
下書きで柄まで描いてるけど、ただの落書きです。
あとからすぐ消えます。

切ったところをまた水溶き紙粘土で整えて乾かしてから、ジェッソという下地剤を塗りました。
数回重ね塗りします。
しっかり乾かしたら、また適当に下書きして模様を塗っていくと…

こう。
そして紐も適当に刺繍糸で編んだだけ。
スプレーニスを忘れずに。
ちなみに私はテカテカして欲しくなかったのでツヤ消しニスです。

設計があまりに適当だったので付け勝手が悪かったです。
分厚すぎたし色々ミスった。

今年はまだ手をつけていませんが、去年本当はこれとペアで作る予定だった、お色違いの黒狐さんを途中で放置しているのでやってしまわねばなぁとは思っています。

材料費はほとんど百均といっても、いろいろ買ってたら千円ぐらいはします。
なかなか骨の折れる作業だし全く進みません(◞‸◟)
いつか黒い狐も載せたいかな。

ではでは、ここまで見てくださった方、
ありがとうございました…!

追記 (2016.04.30)
黒狐さんのノートやっと書きました。
こちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

KiKi

工作

ただの趣味

コメント5件

陶器のような仕上がりですね。作るの難しそう。
ありがとうございます!
なかなか根気と時間が要りますね…( ´ ` )
お祭りの山車の上で踊るキツネそっくりですニャ(^^)
ありがとうございます^^
自分で好きにデザインしたくて、いちから作った甲斐があります(*´ー`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。