日本人じゃないのでは?というネトウヨの難癖がみっともない

 本日アップした記事に、さっそく底辺ネトウヨが湧いております。

 毎度おなじみ沖縄の某さんが流したデマが発端となり、差別で飯を食ってる自称メディアが拡散したフェイクニュース。
 しっかりと解説して防衛省の境界標でも自衛隊を歓迎する横断幕でも古くから使われている略字を「中国語だ」「外国人だ」と難癖を付けて、それがデマであることが指摘されると「日本人である証明をしろ」と発狂するのはいつものパターンですな。

 やってることも言ってることも「森友ガー!加計ガー!」と騒いでる連中と同じで、疑いの根拠も示さず疑われた側に実証責任を負わす手法。根拠もない言い掛かりに証明もクソも無い。

 右も左もバカはバカ!

 こんなもん、間違いに気が付いたら訂正して終わりにすればいい。どうしてこうも無様な食い下がりを見せるのか。

 それが「日本人」のやることなのか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

執筆活動のご支援をお願いします。

KSL-Live!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。