社民党・又市征治党首の元秘書が「当選お礼」政活費で掲載、自主返還も公選法違反の疑い

 富山市議会社民党の東篤市議が政務活動費を使って印刷した広報紙に、公職選挙法で禁止されている「当選のあいさつ」を掲載していたことが判明した。市議は費用のうち約半額を自主返還したが、公職選挙法違反に関しての疑いは晴れていない。

 富山県内では近年政務活動費の不正支出が問題視されており、富山市議会では昨年14名もが辞職する事態となっていた。この市議のホームページには「政務活動費不正を絶つ!」「全容解明と再発防止策を確立」と書かれているが、自分自身に政務活動費問題が起きてしまったようだ。

報道されない経歴、又市征治党首の元秘書

この続きをみるには

この続き:688文字
記事を購入する

社民党・又市征治党首の元秘書が「当選お礼」政活費で掲載、自主返還も公選法違反の疑い

KSL-Live!

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

執筆活動のご支援をお願いします。

4

KSL-Live!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。