サドルに体液ぶっかけた共産党元市議に有罪判決「性障害の治療も受けている」保護観察付きの執行猶予

 自転車のサドルに体液をかけた器物損壊容疑で6月に逮捕され、帰宅途中の10代女性に抱きつくなどの強制わいせつ容疑で再逮捕された日本共産党の長野市議(当時)生出光被告の判決公判が開かれ、荒木精一裁判官は懲役2年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 裁判官は生出被告の犯行を非難する一方で、生出被告が反省し、性障害の治療も受けていることから、「くむべき事情もある」とした。
参考:元長野市議に有罪判決 強制わいせつと器物損壊罪 控訴はしない方針  - 産経ニュース

モリカケブッカケ問題で党幹部は責任を取ったか?

この続きをみるには

この続き:538文字
記事を購入する

サドルに体液ぶっかけた共産党元市議に有罪判決「性障害の治療も受けている」保護観察付きの執行猶予

KSL-Live!

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

執筆活動のご支援をお願いします。

7

KSL-Live!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。