時給ではたらく限界

こんにちは🌞
しゅんたろです。

 今日は本来ならnote初投稿の『アウトプット』から、2回目の投稿(昨日)の『海外に出るきっかけ』の流れで、私が初めてバンコクに上陸したときの話をするところですが、今回も前回の投稿同様、かなーーり長くなっていて、まだ下書きに居ます(笑)

 しかし、前回みたいに数日更新しないのではなく、合間で、ぱぱっと私が思ったことなどを発信できたらいいなと思い、今回は昨晩にコンビニの夜勤をしながら思ったことを書いていますw


アウトプット』で軽く触れただけだけど8ヶ月バンコクを拠点に東南アジアに滞在してました。仕事をしていたとはいえ、厳密にいうと違法なので詳しくご説明はできませんが、現地人と同じ給料で働いていながら、基本出費を抑えるように心がけていましたがやはり日本人の付き合いがあったり、ビザランの為に外国に出なくては行けなかったりと、収入の中でやりくりすることなど到底できず、貯金が底をついたどころか、帰国するときにはなかなか学生ではいないだろうというほどに借金がかさんでいました。w
 正直この金銭面が一番の帰国理由でした。まだ滞在したかったけど現実的に無理なので帰ってきました。


 帰国してからはとにかくまずは借金を返すことと、また通学や学生生活になかなかお金がかかるので、サッカーをする時間すらも削り、とにかくアルバイトをしています。
 現在は、海鮮料理屋・居酒屋・コンビニの夜勤・デリバリー・警備会社で毎日最低でも2か所多い時は、朝から夕まで働き、夕から夜に働いてからの夜勤などかなり詰め込んでアルバイトをしています(笑)

 努力の甲斐あり、今月は30代前半のサラリーマンくらいは稼げる見込みです。

 職場にもよりますが、毎日ほとんどストレスなく働けているでので、いい感じだなと思いつつも、かなり自分の時間を犠牲にしているので、QOLはかなり下がっています(笑)

現在どのアルバイト先も時給制でアルバイトをしていますが、先日ふと電卓を片手に1日が24時間で、睡眠時間すら削ったとしても日平均何時間はほしくて、、というように計算をしてみたところ、時給制には確実に限界があることに気付きました。しかもそこまで高くない額の限界です。

そんなこと時給と読んで字のごとく、当たり前で、労働基準法を無視したり全く寝ないロボットのようなひとでも1日当たり時給×24時間が絶対的な限界です。

 今はとにかくお金がないのですで、目の前で簡単にできる、すでにやることが決まっているアルバイトで稼ぎつつ、少し余裕ができたら、自分のスキルを活かして、時給じゃない働き方がしたいなと思いました。

そしてゆくゆくは自分の会社を持ちたいです。

本日もだらだら何言ってるのか自分で見てもわかりずらい作文になってしまいましたが、見ていただきありがとうございました。

なんとなく言いたいことを理解していたきいいねと思っていただいたらスキボタンやコメント、私のことが気になっていただけたらフォローしてくださるとうれしいです。よろしくお願いします。

 また、自分の中でちょっと実験と言いますか、noteの方で自分のSNSアカウントなどは載せますが、自分のSNSにnoteをシェアしないでしばらく過ごし、自分の中で波に乗ったらどんどんシェアしてこうと思います。なので最初は特に、見てくださる方々に感謝の念をもって投稿しようと思います。
自分ではシェアしませんが、記事をみていいなと思ったらシェアしてくださるとうれしいです。
各SNSのフォローもよろしくお願いします。
Twitter:@24kashima1107
Instagram:24kashima1107
Facebook:@24kashima1107

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

しゅんたろ

地元小田原とタイ王国をこよなく愛する、97年生まれの21歳。 大学を休学してタイで仕事をしながら東南アジアをぷらぷら→帰国。もうすぐ復学。 初めのうちは毎日更新を目標にしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。