ぽんた会社辞めたってよ。新たな生活への挑戦、孤独と不安と期待。

会社を辞めました。

正確には6月末まで雇用契約下にあるので、まだ辞めてはいませんが、辞表を出して退職の承認が降り、昨日から出社しなくていいことになりました。

入社して1ヶ月半。まだ研修中。

早すぎる決断だったかもしれません。

退職を決意した背景は、また別途詳しく書きたいと思いますが、自分の好きなことに没頭して、価値を生み出して、自分の責任で自由に生きるという意思決定です。孤独な道のりと理解していますが、挑戦するなら今しかないと思いました。

会社の研修はとても手厚くて、人も良い人が多くて、採用や研修にかかったコストを考えると非常に申し訳ないです。半端な覚悟で入社してしまった罪の意識があります。

でもどうしても、やりたくない仕事をやって土日を待ち望む人生は嫌だった。1年だけの我慢なら、しないほうが良いと思いました。

----------------------------------------------

今までレールに乗っかってきて、順風満帆な人生でした。

中学受験をして慶應に入り、部活に打ち込みながら成績も上位の方をキープ。法学部に入って親の勧めで留学もして、人気のゼミに入り、就職ランキングで上位のコンサルファームに入社する。挫折のない人生ですね。

でも何かが違うと思ってました。人の評価基準で生きるのはもう終わりにしたい。上手く行かなくてバカにされたって、自分に胸を張れるように、自分に正直に生きたい。

----------------------------------------------

ジーンクエスト代表の高橋祥子さんの文章が今回の決断に大きな力を与えてくれました。

情熱は行動することで生まれる。それに向かって初速を出せる環境にさっさと身を置いた方がいい。

命を失うのではなく、命を燃やして輝きたい。

社会的積み木が増えていく中で、葛藤を凌駕するほどの覚悟を持てるか。

----------------------------------------------


これからしばらくはフリーランスとして働きます。株式会社スポカレで業務委託を受けて、『スポカレ』と言うアプリのマーケティングやサービス設計、コミュニティー作りをやっていきます。スポーツ界は変革の刻を迎えていて、ビジネスサイドから優秀な人が流入し始めたばかりです。ここにポジションを取って、今までになかった新しい価値を生み出して、スポーツ界で食っていける状態にします。

それだけで終わるつもりはありません。

まず年内に必ず1つサービスをリリースします。

どんなものになるかは分かりませんが、小さいかもしれませんが、WEBサービスを自分で開発できるチカラを身につけます。これはスポーツ関係ない分野でやります。やはりフリーランスになってみると、生活のために希少性の高いスキルが必要だと焦ります。プログラミングを毎日勉強・実践して、市場で評価されるサービスを作ります。そのプロセスに、ワクワクしています。

そして法人を立ち上げます。

サービス内容が具体化すれば、すぐにでも起業します。1人かもしれないし、複数人かもしれないです。とにかく、起業します笑 会社作れば見えてくる世界は変わってくるはずなので。

フリーランスでの仕事の依頼も受け付けています。50円コンサルも継続します。DMお待ちしてます。


----------------------------------------------

新生活1日目。

朝、同居している祖母を病院へ車で送りました。家族は僕と祖母以外全員ロシアにW杯観戦に行っています。ちょうど昨日から会社に行かなくて良くなったので、検査のため車の運転を止められている祖母を車で送れました。

その後はProgateで一日中プログラミングを勉強しました。

ふとした瞬間に本当に会社を辞めたんだなと我に返り、恐ろしい孤独と不安に苛まれます。

会社を辞めて時間ができたからと言って、その時間を効率的に使えるようになるわけではなく、主体的に動かなければ人生は失われいていくだけで、意識を高く持って、とにかく楽しまないといけないなと思いました。

・毎日30分以上コード書く
・毎日noteで思考を言語化する

を自分に課します。

----------------------------------------------

とても勇気のいる決断でした。相談に乗ってくれた友人、支えてくれた家族と彼女に多大なる感謝を。結果で恩返しします。

こんなどうしようもない僕ですが、皆さんどうぞよろしく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お目が高い!
3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。