片山 悠(かたぷる)

株式会社オズマピーアール→株式会社メルカリPRグループ→フリーランスPRディレクター/コミュニケーションプランナー 多くの方に役立つ「PR」という概念を、どなたにでも分かりやすく噛み砕いていけたらと思っています。

本気の「とんち」が世論をつくる。『戦略PR』刊行から10年、著者と再考する“戦略PR”

「しみこむPR」は PR という概念の理解を深めることを目的に、現場の第一線で活躍する方々を招く、連続ゲストトークイベントです。明日からすぐ使えるティップスではなく、深く“しみこむ”パブリック・リレーションズの探究を目指します。

 vol.2 のテーマは「全PRパーソンの必読書刊行から10年。著者本人と再考する『戦略PR』」、本田哲也(株式会社本田事務所・代表取締役)さん、片山悠(PuRe)が登

もっとみる

「商品便益は鵜呑みにしない」。『戦略PR』刊行から10年、著者と再考する“戦略PR”

「しみこむPR」は PR という概念の理解を深めることを目的に、現場の第一線で活躍する方々を招く、連続ゲストトークイベントです。明日からすぐ使えるティップスではなく、深く“しみこむ”パブリック・リレーションズの探究を目指します。

 vol.2 では、本田哲也(株式会社本田事務所・代表取締役)さん、片山悠(PuRe)が登壇しました。 

 今回のテーマは、「全PRパーソンの必読書刊行から10年。著

もっとみる

「好き嫌い」の時代

昼に惰眠をむさぼり過ぎた。そのせいで、きっと眠気がやってくるのは午前3時を超えた頃だろう。せっかくなので、最近たまに考えることを綴りながら微睡みを待ちたい。

政治と野球と宗教

平成というより、もはや昭和からの習わしとして「政治と野球と宗教」の話を飲み会などで話すことはタブーとされてきた。飲み会に限らず初対面においては、避ける方が賢明だそうだ。この暗黙裡は何となく現在も共有されている。

たしか

もっとみる

編集スパルタ塾は「お勉強」ではなく「闘争」の場

2019年3月19日、ひとつの闘争が終わった。少し大げさかもしれないけど、「編集スパルタ塾」を形容するに相応しい言葉を探すと「闘争」のように思う。まだ余韻が残りすぎていて振り返るのは難しいのだが、受講を検討していながら踏みきれない方のためにも記録しておきたい。

編集スパルタ塾で学ぶこと

編集スパルタ塾は、今年の4月9日から7期目がはじまる「日本で一番辛く、日本で一番身に付く編集講座」(公式より

もっとみる

「PRは仲間づくり」事業会社広報と支援サイドを経験した3人が語る「これからのPRパーソン」像

「しみこむPR」は PR という概念の理解を深めることを目的に、現場の第一線で活躍する方々を招く、連続ゲストトークイベントです。明日からすぐ使えるティップスではなく、深く“しみこむ”パブリック・リレーションズの探究を目指します。

 vol.1 では、原 晃則(株式会社カケル・ディレクター)さん、阿部 珠恵(ビルコム株式会社・コーポレートコミュニケーション局長)さん、 片山悠(PuRe)が登壇し

もっとみる

すりこみは、ずっと消えないものだから。

忘れられない恩師っていますよね。ある人にとっては学校の先生。またある人にとっては部活の先輩。自分の理想を更新し続けて、いつまでも模範であるような存在です。今回はそんな人について書いてみたいと思います。

優しい人が恩師になるとは限らない

 ぼくにとっての恩師は、二人います。新卒で入社したPRエージェンシー時代のメンターです。一人は仮配属時の元リクルート系の営業マン。もう一人は本配属時の元雑誌編集

もっとみる