しし鍋新春シャンソンショウ 2019.2.9

~熱狂で雪も解けてなくなった!
しし鍋新春シャンソンショウ 2019.2.9~

なんでこの日だけ大寒波で雪なんだ・・・!?

最初はそう思いました。


でも、始まってみたらそこは熱狂の坩堝。

半年前、家族から譲り受けた空間を、たくさんの方々の協力を得ながら
すこしずつ、綺麗に片づけていって、


未来にここにやってくるかもしれない、お客さんのために、
妻も子供たちも頑張ってペンキ塗りをしてくれて、

ついに出来上がったコルクアートアトリエ。

テーブルも椅子も、ちょっとしかなかったのに、
「最初のイベントだし、30人呼ぼう!」
と言い放ってしまい、

まだドアもなければ、暖房もない、
電源コード1本からどうにか照明だけとったような所で、
極寒の新年会を行って、

この場所での未来を信じてくれた、
ノリのイイ仲間、小田くん。

「たくさん人呼ぶんだったらまずは、電気とガスと、照明もつけようか、寒そうだからテントで炭火も起こそう」
なんてノリノリで手伝ってくれた地元の保育園パパ先輩、しんちゃん。

たくさんの方の協力で、ついに実現。当日を迎えた
「しし鍋・新春シャンソンショウ!」

極寒の中、半屋外だし、
「温まってお腹いっぱいになるしし鍋が良いですよね。」
と本当に手際よく、かつ極上しし鍋を仕込んでくれた料理人のお二人、幹くん、森谷さん。


そして何より、
東京も積雪し、交通機関も乱れるでしょうって予報の中、それでもほぼキャンセルなく集まって、
「どんだけモチベーションもってくれてるの!?」
って主催側にパワーをくれた35名を超える皆さま。

コルクアートが育んでいく出会いの数々に感謝しながら、


旨い「しし鍋」に「ワイン」、


めちゃくちゃカッコイイ、あやちクローデルさんイーガルさんの「シャンソンショウ」。


本当にステキなPARTYとなりました。

外は雪なのに、内に秘めた情熱がかもしだす、
温かな体温の宿ったあの空間は、
作ろうと思っても作れないものです。

忘れられない想い出が出来ました!

そして皆さまを見送った後に残った、
これでもかという空瓶の数々・・・。

コルクはもちろん、
未来の作品に、今日の想い出と共に
埋め込まれます。

また皆様とお会いできる日を楽しみに、

皆さんがワインのある暮らしを楽しんでくれて、
新たなワインがどこかで開けられることを願っています。

2019.2.9
しし鍋・新春シャンソンショウ 閉幕!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

kuboblanc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。