見出し画像

“鈴木大誠”という男 #1

恐縮ながら私、半ば思いつきですがブログを始めてみました。自分自身、話すのが下手だし文章を構成する力も本当に乏しいです。それでも今の自分の意見、思っていることを伝えることがもちろん今の自分への気づきとなり、未来の自分のよりどころとなり、そして読んでくれた方の何かになるのではないかと感じ、はじめました。痛い目、温かい目、冷たい目、色んな目で見て何か感じていた抱けると有り難いです。

そして#1のテーマは、ずばり「”鈴木大誠”という男」。皆さんは、鈴木大誠は、ご存知ですか?大学サッカー好きな人や高校サッカーファンの人は、知っているかと思います。星稜高校から筑波大学へと進学し、来季の徳島ヴォルティスへの加入が内定しています。一言でいえばプロサッカー選手です。彼は、星稜高校でキャプテンとして日本一を経験し、筑波大学でも2年時にスタメンとして日本一を経験しています。なぜ彼について書こうと思ったのか。それは、彼がこのような素晴らしい結果を残したからではなく、彼が自分にとって恩人であり、一生の心の兄貴であり、ステキな人間だからです。

僕が星稜高校に入学した時、3年生としてキャプテンとして在籍していたのが彼です。1年生と3年生という上下関係。なぜかめちゃくちゃ仲良くなってました。なぜなのか本当にわからない。気づけば仲良いなって感じですかね笑
そして彼は、筑波大学へ入学し僕もそれを追いかけるかのように入学しました。筑波大学へは、ずっと行きたかったのですが彼の入学、活躍は、自分の行きたい気持ちへガンガン拍車をかけ今筑波にいるのは、本当に彼のおかげだと感じています。筑波での彼と過ごした2年間は、本当に本当に自分にとって濃い時間でした。一緒にプレーすることがすごく楽しかったし、話すのがめちゃくちゃ面白かった。このまま行くと僕と彼の思い出話になりそうなので話を本題へ。

彼の人間性について話します。彼は、本当に人から尊敬される男です。行動ひとつひとつに自分の考えがあり、指針があります。だから何か意見がある時や意見を聞かれた時にものすごく上手に迷いなく、堂々と自分の意見を言える。違うことは、違うとはっきり言えるし何よりも本当に良い話をします。講演会開いても良いんじゃないかレベルで良い話をするので皆さん今後の鈴木大誠の発言により注目してください笑
そして彼は、本当に自分自身を分析して自分を本当に良く知っていると思います。性格、タイプもしかりサッカーについても自分をよく知っています。だから頭が整理されていて自分の出来る100%をやろうとします。自分の強みも弱みも知ってるからこそ自信をもって良い判断が出来ると思います。これは、本当に近くで彼を見ていて思ってそれは、人が成長する上で本当に大切なことだと思いました。さらに彼は、自分自身だけじゃなく他人も分析できます。なんか見透かされてるなってたまに感じて怖いです(うそ)。だから人への声がけ、接し方が多種多様でその人にとってのベストを与えています。自分の考えは、強く持ってるけどそれを押し付けようとはしないし個性を尊重して人それぞれの良いところを知っています。筑波大蹴球部のみなさんは、鈴木大誠と話してそれを感じるのではないでしょうか?彼は、熱くて温かいです。人に対して真摯に向き合う温かい人間で、自分の心の奥に熱い情熱をもっています。挨拶、礼儀もステキだし彼の事を嫌いな人は、いるのかなって感じです。

なんかここまで聞くと鈴木大誠、真面目で堅い人間説が浮上してきそうですが実は、彼ふざけること、笑いに関しても独自の価値観をもっており、相当にいや爆発的に面白いです。彼は、暇さえあればお笑いを見ています。彼とお笑いについて語ると新たなお笑い芸人を知ることができるし、気づけばコントの真似が始まっています。私と彼は、最近真面目な話があまり出来なくなりました。それは、常に我々の間にふざけた空気感、シュールな空気感が流れ、コント、漫才風のことが話しているうちに始まってしまうからです。毎日組む練習のウォーミングアップの二人組のストレッチの時でさえ我々は、終始変な会話、変なノリをしていました。さらに僕が今一発芸キャラ、身体ハリがちなキャラになったのは、100%鈴木大誠と出会ってしまったからです。彼は、すごく振ってきます。何か事あるごとに私にギャグをやらせます。鬼です。何でもやらせます。彼は、王道の笑いよりも一味違ったシュールな笑いを好みます。シューラー(シュールな世界を愛し、シュールな場を創り出せる人間、一歩間違えれば何言ってんのこいつってなる人間)代表の鈴木大誠が筑波からいなくなると思うと跡目争いが激化しそうです。鈴木大誠が笑いが好きであり変人でもありふざけた人間であるということがわかったと思います。
なんかスクロールしてみたら長い文章だったのでちょっとこの辺でまとめに入ります。

鈴木大誠は、すごい人間です。自分にとって兄貴であり、恩人であり、憧れの人間です。その鈴木大誠が筑波を離れ、徳島へ行きプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせます。本当に心から応援しています。最高のCBになって欲しいです。徳島の皆様、鈴木大誠をよろしくお願いします。
筑波での2年間、鈴木大誠に私生活、ピッチで毎日本当にお世話になり本当にたくさんのことを感じ、考え、学ばせてもらいました。そして何より本当に楽しかった。恩返しするためにもあと2年間筑波大蹴球部で自分は、必死に自分と向き合い未来を切り拓いていきたいです。

長い文章でしたがここまで読んでくれた方ありがとうございます。鈴木大誠の素晴らしさを少しでも感じていただけていれば幸いです。

最後に本当に

大誠、ありがとう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

窪田 翔/Kakeru Kubota

スクエア富山FC U12.15→星稜高校→筑波大学思ったことゆるーく書いちゃうかもです。アウトプット!

サッカー

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。