ガムをかむように

電車に揺られながら、スマホをいじりながら、作業をこなしながら、気に入った曲を聴きながら。

ガムをかむように無意識に考える。

数秒、数分、数時間後に何をしようか。何をするべきか。抽象的で具体的で、大切なようなどうでもないような。そんなこと。

常に考えることを求められているような気がする。考えすぎかもしれない。でも、考えずにはいられない。

日頃そんなことばかりで、どこかに吐き出さないとやってられない。だからTwitterもInstagramも流行ってる気がする。見せたい、言いたい、を叶える場所だから。でも、最近は知り合いがウロウロしすぎてて逆に落ち着かないので私はこっちで。

不定期、雑多、ノンジャンル、気分次第。

そんな内容ばかりになる予定で、暇つぶしに近い。改行するたび大げさに開く行間にびっくりしてるけど、慣れればマシかも。

万が一にも目に止まってここまで読んでくれた方、貴重な時間をありがとう。

ガムをかむような感じで、書いていきたいと思います。もし見てくれる方がいたら、あなたもそんな軽い感じでサラッと見てやってください。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

がむ

ガムを噛みたいな、なんてときにでも読んでくれたら。あなたの貴重な時間をありがとう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。